« 【2011】米コメディ映画の潮流 | トップページ | 【興行】米週末Ranking Dec.30-Jan.01 »

2012/01/01

【2012】ごあいさつ

新年が始まりました。
その幕が上がる瞬間の醍醐味を我々は知っています。
もしかすると映画本編よりもこのドキドキ感の方が遥かに上をゆくことすらあるのかもしれません。

昨年、映画版のクライマックスを迎えた『ハリー・ポッター』のダンブルドア校長先生は、毎年度の締めくくりの挨拶でよくこんなフレーズを用いたものです。

"
Another Year Gone !"
また1年が過ぎ去った!

この感慨深げな言葉で大広間に集まった生徒たちの耳目を惹きつけたあと、彼は"What a year it has been"と続けます。日本語に訳すと「なんという一年だったろう」。

ほんとうに、何という年だったのでしょう。
今もなお起こったことがまだ夢か幻ではなかったかと思う時があります。

あの日、私の住んでいる街は全域が停電となってしまい、首都圏に居ながら日本でなにが起こっているのか全く理解できませんでした。16階の我が家からは遠くの湾岸で大爆発が起こるのが見えました。夜にラジオをつけると、司会者が「こんなときにはビートルズを聴きましょう」と語っていました。かかったのは"Blackbird"という曲。優しく沁み渡るメロディが不気味な夜のしじまをゆっくりと突き崩していくようで、思わず涙してしまいました。

Blackbird, fly
飛べ、ブラックバード
into the light of the dark,black night
闇夜に射す光を目指して

余震が収まらぬ東京で『モールス』という映画を試写しました。
座席下には防災ヘルメットが備えられていました。使うことはないだろうと思っていました。しかし映画がクライマックスに差し掛かると、学校のプールで炸裂する少女の怒りにあわせ身体が大きく揺さぶられるのを感じました。最初は感動や興奮の心的動揺なのかと思いましたが、どうやら本当の地震のようでした。咄嗟に座席下をまさぐる自分がいました。ヘルメットを被りながら映画を観賞するなんて最初で最後の経験だったと思います。

そのときに気づいたのはあまりに当然のことでした。もはや映画は3Dを越え、4Dの境地に到達している。4つめの「D」はエンタテインメントの領域を超えた「現実」です。震災に限らず、世界には各国、各地域を覆うそれぞれの現実があります。

これまでは映画の中でだけは別世界に浸れるのかと思っていました。
しかし日本のみならず世界中で、いま、現実のファクターがあまりにも重みを増して加速しています。映画に同調していても、外の世界のあらゆる衝撃は劇場の座席に座っている私たちをいとも簡単に付き戻してしまうでしょう。そんな中で映画の持ちうる可能性とは何でしょうか。フィクションの力とは何なのでしょうか。

かつて祖母が私にくれた言葉を思い出しました。

「世の中、変わらないものなんて何一つない。
その日々変わりゆく価値の中から、瞬間瞬間、自分の信じられるものを選びとっていかなければならない」

今年97歳になる祖母は、現在、介護施設のベッドから起き上がれなくなったり、ちょっとだけ回復したりの毎日が続いていますが、今なお身体を上下させての呼吸、手首から感じとれる脈拍、微かに浮かべる笑顔、うんと頷くその意志力に、こちらが巨大なパワーを貰っています。生きることはただそれだけで奇跡の連続なのだと感じます。何もかも大きく激変する中、きっとこれだけは変わらず信じられること。
同世代の多くはそれを我が子の誕生によって実感するのでしょうが、私はまだまだ祖母から多くのことを学ぶことになりそうです。

今年は年賀状にあまり「おめでとう」とは書かないそうです。
でもだからって、代わりに自分がどうしてこんなことを書いているのか、まったくもってどうかしてるとしか思えませんが、とりあえずはただただ、
そんなことを想う今日この頃です。

2012年が皆様にとって幸せの多き年となりますように。

そしてあらためて、皆様
ひとりひとりが私を力強く導いてくださる
かけがえのない存在であられますことに、心から感謝。

●2012年に公開される注目作(日付は米公開日)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス3D 2月10日
ジョン・カーター 3月9日
タイタニック3D 4月6日
アベンジャーズ 5月4日
ダーク・シャドウズ 5月11日
MIB 3 5月25日
プロメテウス 6月8日
アメージング・スパイダーマン 7月3日
ダークナイト・ライジング 7月20日
ボーン・レガシー 8月3日
エクスペンダブルズ2 8月17日
ファインディング・ニモ3D 9月14日
バイオハザード5 9月14日
フランケンウィニー 10月5日
47Ronin 11月21日
レ・ミゼラブル 12月7日
ホビット 思いがけない冒険 12月14日
Django Unchained 12月25日
グレート・ギャッツビー 12月25日

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【2011】米コメディ映画の潮流 | トップページ | 【興行】米週末Ranking Dec.30-Jan.01 »

NEWS」カテゴリの記事

映画業界」カテゴリの記事