« 【NEWS】2011年興収NO.1のメジャー・スタジオは? | トップページ | 【賞レース】美術監督協会賞ノミネート発表 »

2012/01/04

【NEWS】舞台版スパイダーマンが記録樹立

Spidy クリスマスから年末年始にかけてのホリデーシーズンはブロードウェイの稼ぎ時として知られる。そんな中、フォックスウッド劇場で上演中のミュージカル版スパイダーマンこと"SPIDER-MAN:Turn Off The Dark"の12月28日~1月1日までの興行が、ブロードウェイにおける1週間興行の歴代最高興収(2,941,790.20ドル)と歴代最高観客数(17,375人)を打ち出した。これまでの同記録は「ウィキッド」が持つ約222万ドルだったが、今年の年末年始は「スパイダーマン」に限らずブロードウェイ作品は軒並み好調だったようで、「ウィキッド」が271万ドル、「ライオン・キング」が244万ドルという数字で2位以下に続いている。

2011年にブロードウェイ史上最高額の製作費7500万ドルをかけて誕生した本作は、プレビュー公演中に幾度も負傷者が出るなどして本公演が遅れに遅れ、最終的にはジュリー・テイモアらに代わって"The Boy From Oz"のウィリアム・マッキンリーが新演出家に雇われるなどして大幅な改変が施されるに至った。

同作のこれまでの観賞者数はのべ70万人に昇るものの、製作費を回収して利益を生み出すにはまだ相当の期間が必要となる。それにはまずブロードウェイの顔として「ライオン・キング」や「ウィキッド」に並ぶくらいの超ロング・ラン作品として定着することが求められるわけだが、少なくとも今回の記録樹立は本作がそれに向けての着実に歩を進めていることの証しと言えそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】2011年興収NO.1のメジャー・スタジオは? | トップページ | 【賞レース】美術監督協会賞ノミネート発表 »

NEWS」カテゴリの記事