« 【NEWS】英国映画界の未来へ向けての提案書 | トップページ | 【NEWS】リチャード・カーティスの次監督作はタイムトラベル物 »

2012/01/18

【NEWS】ポン・ジュノ米進出作に有名俳優が続々交渉入り

『グエムル』や『殺人の追憶』で知られる韓国の奇才ポン・ジュノが国境を越えて米進出を果たす。その記念すべき作品となるのは"Snow Piercer"。ジャン=マルク・ロシェットらが著したフレンチ・コミック"Le Transperceneige"を原作とし、ポン・ジュノとパク・チャヌク(『オールド・ボーイ』)が共同で脚本を担当。またチャヌクは本作のプロデューサーも務める。

Snow02
そのストーリーも一口には説明できないほどの変わりモノ。氷河期を迎えた地球上を舞台に、生き残った人々が生命を繋ぐ満員電車の中でなんとか共存しようと奮闘するというもの。原作ではこの電車は1001両もの長さに連なっており、乗客も格差によって車両を異にする。こんな状況下ゆえ、次に起こるのはもちろん下剋上なわけで―。果たして原作通りに展開するかどうかは分からないが、ポン・ジュノらしい独自のエンタテインメントへの仕上がりが期待できそうだ。

Snow03
さて、肝心なのはそのキャスティングだ。先日にも本作の出演者のひとりとして『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンスの名が挙がったばかりだが、Varietyによるとまた新たに『ナルニア国物語』のティルダ・スウィントンと『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベルが出演交渉に入っているようだ。撮影は今年の3月、プラハで開始される予定。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】英国映画界の未来へ向けての提案書 | トップページ | 【NEWS】リチャード・カーティスの次監督作はタイムトラベル物 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:アジア】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事