« 【NEWS】ポン・ジュノ米進出作に有名俳優が続々交渉入り | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Jan.20-22 »

2012/01/19

【NEWS】リチャード・カーティスの次監督作はタイムトラベル物

Curtis 古くはMR.ビーンことローワン・アトキンソンとのコラボレーションで知られ(彼らは共にオックスフォード大出身)、その後は『フォー・ウェディング』『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』といった名脚本や、『ラブ・アクチュアリー』や『パイレーツ・ロック』といった監督作でも賞賛の声が絶えない才人リチャード・カーティス。彼の作品はいつも英国のいちばんイイところがふんだんに詰まっていて、対外的にまさにこの国の宣伝大使と呼ぶにふさわしい仕事ぶりを残していると感じるのは筆者だけではないはずだ。

そんな彼が自身の最新監督作として低予算のタイムトラベル物を準備中であることが分かった。その内容はまだ謎に覆われたままだが、タイトルは"About Time"というらしい。パートナーを組むのはお馴染みワーキング・タイトル社。予定としては今年の夏頃の撮影入りを目指しており、キャスティングも徐々に進行中の模様。

彼の最新のフィルモグラフィーとしては、スピルバーグ監督作『戦火の馬』の脚本を手掛けたことが挙げられる(リー・ホールと共作)。また彼は『リトル・ダンサー』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリーが監督を務める"Trash"という新作の脚本も執筆中とのこと。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ポン・ジュノ米進出作に有名俳優が続々交渉入り | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Jan.20-22 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事