« 【NEWS】オールドマン、新作で再び悪役に | トップページ | 【NEWS】ポン・ジュノ新作にオスカー候補女優が参加 »

2012/02/03

【NEWS】男女それぞれの視点で紡ぐ2本のラブストーリー

ハリウッドにあまたひしめく俳優たちの中で、今もっとも注目度を増している実力派の新星、ジョエル・エドガートンとジェシカ・チャステインがまったく同一の夫婦役で2本の映画に出演することとなった。

Hishers
その舞台はニューヨーク。この街でレストランのオーナーを務める夫と、新たな人生の目的を求めて大学へ通う妻、ふたりの間に結婚生活の試練が訪れる―というもの。これらは"The Disappearance of Eleanor Rigby:His"と"The Disappearance of Eleanor Rigby:Hers"と銘打たれ、つまりは夫の視点、妻の視点で描かれた“対を成す”作品となる。一方が一方の“続編”といった形ではなく、共に独立した作品として、同時期に劇場公開される予定。脚本を手掛けたネッド・ベンソン自身が両作の監督を務める。

同2作には他にウィリアム・ハートも出演交渉に入っているとのこと。製作を手掛けるミリアッドピクチャーズはベルリン映画祭のフィルムマーケットにてセールスを開始したい構え。

ジョエル・エドガートンはオーストラリア映画『アニマル・キングダム』で知名度を増し、肉体派格闘ドラマ"Warrior"やバズ・ラーマンによる3D映画『グレート・ギャッツビー』にも出演。ジェシカ・チャステインは2011年に『ツリー・オブ・ライフ』『テイク・シェルター』『ヘルプ』で一気にブレイクを果たし、今年のアカデミー賞にもノミネート入り。なお、ふたりは揃って『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロウが手掛けるビンラディン追跡映画にも出演することがウワサされている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】オールドマン、新作で再び悪役に | トップページ | 【NEWS】ポン・ジュノ新作にオスカー候補女優が参加 »

NEWS」カテゴリの記事