« 【NEWS】イーストウッド主演作にティンバーレイクが参加 | トップページ | 【NEWS】英国映画界の2011年実績 »

2012/02/01

【NEWS】レ・ミゼラブルのエポニーヌ役決定

『英国王のスピーチ』のトム・フーパーが監督を務めるミュージカル映画版「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役に舞台出身俳優サマンサ・バークスが抜擢された。彼女は映画出演のキャリアこそ少ないものの、2010年にミュージカル舞台でエポニーヌ役を演じ、昨年O2アリーナで開催された同作の25周年記念コンサートでも同じ役を担っている。

Samantha_barks
Imagesca04vlwv エポニーヌといえば、養女コゼットに辛くあたるテナルディエ夫妻の娘として悪事に手を染め陰険に育ちながらも、多感な時期に真の愛に目覚めることによって途中からガラリと性格を変えていく役柄だ。この役をめぐっては一時テイラー・スウィフトも候補に挙がっていると報じられたが、最終的には舞台版での実績が買われる結果となったようだ。

キャスティングは大詰めを迎えており、主役のジャン・ヴァルジャンにはヒュー・ジャックマン、ジャヴェール警部にはラッセル・クロウ、ファンティーヌにはアン・ハサウェイ、コゼットにはアマンダ・セイフライド、マリユスにはエディー・レッドメインらが決まっている。これに加えてテナルディエ夫妻役としてヘレナ・ボナム・カーターとサシャ・バロン・コーエンの名前がずっと浮上し続けているものの、いまだ正式発表には至っていない。

ミュージカル映画版「レ・ミゼラブル」の劇場公開は12月7日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】イーストウッド主演作にティンバーレイクが参加 | トップページ | 【NEWS】英国映画界の2011年実績 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【文芸】」カテゴリの記事