« 【NEWS】タンタン2はピーター・ジャクソンが監督予定 | トップページ | 【NEWS】米TVドラマのホームズ役、決定 »

2012/02/15

【NEWS】パラノーマル創始者による新作ホラー

『パラノーマル・アクティビティ』でホラー映画に革命を巻き起こしたオーレン・ペリ。その後も『パラノーマル』シリーズにプロデューサーとして関わり、テレビシリーズ"The River"を手掛け、『パラノーマル』以来となる監督作"Area 51"の公開も待たれる彼が、また新たなホラー映画を世に送り出そうとしている。

本作のタイトルは"Chernobyl Diaries(チェルノブイリ・ダイアリーズ)"。ペリはプロデュース、原案、そして脚本を担当。監督にはこれがデビュー作となるブラッド・パーカー。彼は『モールス』などでVFXスーパーバイザーを担った人物でもある。

舞台となるのはウクライナの都市プリピャチ。かつてチェルノブイリ原発の作業員らの家族が数多く暮らしていたこの街は今やゴーストタウンと化していた。と、ここにヨーロッパを旅行中の仲間たちが迷い込んできてしまう。頼れる者も見つからず途方に暮れる彼ら。しかしそこには彼らだけでない何者かの気配が・・・。

本作はすでにアルコン・エンタテインメントが権利を取得。アメリカではワーナー・ブラザーズ経由で今年のメモリアル・デイ(5月の最終月曜)に公開される。原発事故を経験した日本人にとってはナーバスにならざるをえない内容のようだが、リリースによるとアルコンは北米の他にもドイツ、スペインそして日本での配給権も取得しているようで、同社がはたしてどのような方向性を模索しようとしてるのか気になるところだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】タンタン2はピーター・ジャクソンが監督予定 | トップページ | 【NEWS】米TVドラマのホームズ役、決定 »

NEWS」カテゴリの記事