« 【NEWS】名撮影監督の監督デビューが決定 | トップページ | 【画像】ローン・レンジャー »

2012/03/08

【NEWS】歴代大統領に仕えた執事役にフォレスト・ウィテカー

ひとりの黒人少女が社会の底辺から力強く這い上がっていく姿を描いた映画『プレシャス』でオスカー候補入りをはじめ大きな賞賛を集めたリー・ダニエルズ監督。その後、彼はザック・エフロン主演で"The Paperboy"という新作を撮り上げ、更なる次回作として興味深い企画の準備を進めている。

それはワシントン・ポスト掲載の記事を基にダニエルズ自身が脚本を書いた"The Butler"という作品。ホワイトハウスで1952年から86年までの間、実に8人もの現職大統領に仕えた黒人執事ユージーン・アレン(下記画像)にまつわる伝記物語だ。まったく、こんなにも素晴らしい歴史的生き証人の逸話が残されていたなんて。

Sveugene420x0
Whitaker_2 さて、この映画に関する新たなキャスティングの進捗が聴こえてきた。ヴァラエティによると、この映画の主演として『ラストキング・オブ・スコットランド』でオスカー受賞のフォレスト・ウィテカーが交渉入りしている模様。それに『猿の惑星/創世記』のデイヴィッド・オイェロヲがその息子役、米名物番組でもお馴染みオプラ・ウィンフリーが妻役への就任を打診されている模様。ちなみにオプラはリー・ダニエルズのために『プレシャス』のプロデューサーを買って出た人物でもある。

また本作にはホワイトハウスに出入りした歴史的人物役として数多くのカメオ出演が予定されている。現在までにジョン・キューザック、ミラ・クニス、ヒュー・ジャックマンらが出演を示唆。このカメオ出演の輪は今後さらに広がっていくものと見られている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】名撮影監督の監督デビューが決定 | トップページ | 【画像】ローン・レンジャー »

NEWS」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事