« 【取材】メリル・ストリープ来日会見 | トップページ | 【NEWS】歴代大統領に仕えた執事役にフォレスト・ウィテカー »

2012/03/08

【NEWS】名撮影監督の監督デビューが決定

Wally 『インセプション』や『ダークナイト・ライジング』といった数多くのクリストファー・ノーラン作品や、昨年は『マネーボール』でも注目を集めた撮影監督ワリー・フィスターの監督デビューが決定した。彼が取り組むのは新鋭ジャック・パグレンによる未題の脚本。アルコン・エンタテインメントがこの権利を取得し、製作を担う。今後、すみやかにプリ・プロダクションがスタートし、撮影入りは秋ごろになる予定だ。

今のところ映画の内容は明らかにされていないが、フィスターと製作陣との間ではここ10年くらいの間、ずっと彼の監督デビューの方向性を模索すべく調整が進められてきたようだ。彼はここ数年、コマーシャルの分野にも進出を遂げ、中でも青少年の覚醒剤使用禁止を訴えるキャンペーン"Montana Meth Project"では、トニー・ケイ、ダーレン・アロノフスキー、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの後を継いで2010年のTVCMを監督し、高い評価を獲得

なお、フィスターは『インセプション』にてアカデミー賞の撮影監督賞オスカーを受賞している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【取材】メリル・ストリープ来日会見 | トップページ | 【NEWS】歴代大統領に仕えた執事役にフォレスト・ウィテカー »

NEWS」カテゴリの記事