« 【NEWS】イーストウッド監督作にトム・クルーズ? | トップページ | 【NEWS】ダーク・タワーがワーナー傘下で復活か? »

2012/03/12

【興行】北米週末Ranking Mar.09-11

先.週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.09-11 weekend 推計

01 Dr. Seuss' The Lorax  $39.1M
02 John Carter  $30.6M
03 Project X  $11.5M
 
04 Silent House
$7.01M
05 Act of Valor $7.0M
06 A Thousand Words $6.3M
07 Safe House $5.0M
08 The Vow $4.0M
09 This Means War  $3.75M
10 Journey 2: The Mysterious Island
$3.68M

Carter ■今週はNO.1ではなく第2位からご紹介。製作費2億5千万ドル、これに宣伝費を合わせると軽く3億ドル越えしているとも言われるディズニーの3D超大作"John Carter"が初登場、NO.2の座を獲得した。手掛けたのは『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』のアンドリュー・スタントン監督。滅亡の危機にある惑星で繰り広げられるひとりの男の戦いを描く。原作はSF小説の巨匠エドガー・ライス・バローズによるもの。

これだけの肝入りならば当然「超人気NO.1ヒット」などと景気よく行きたいところだが、結果的には金~日のオープニング推計興収3千万ドルほどの仕上がりとなり、2位の座に甘んじる結果に。ディズニー作としては2年前の『プリンス・オブ・ペルシャ』と同レベルの初動ぶり。初日の観客層はその60パーセントが25歳以上で占められ、また全体の64パーセントが男性客。興収における3Dシェアは64パーセントに昇る。

海外興収を足した世界興収ではちょうど1億ドルを超えた付近。この製作規模からすると最終的に世界興収6億ドルくらいまでいってようやく合格点くらいのレベルだが、そのゴール地点は遥か遠い地点ということになりそうだ。

ただし、天下のディズニー&百戦錬磨ののスタントン監督が放つ作品なだけに、観客からの反応は良好な模様。とりわけ金曜から土曜にかけて観客数が25パーセントUPしており、これは初日観客の口コミが広がったことも考えられる。

■さて今週も首位をキープしたのは先週と変わらず、"Dr.Seuss' The Lorax"だ。先週末に興収7千万ドル越えの大スパークを経ながら、なおも下げ止まりが働き、その下落率は44パーセント(通常だと2週目の平均下落率は50パーセントほど)。10日間の累計興収は1億2200万ドルほど。製作費は7千万ドル。

Theloraxmoviepost1

ちなみに現在ハリウッドでは原作者ドクター・スースにまつわる伝記映画の製作も持ち上がっており、この主人公役にジョニー・デップ?なんて話もあるほどだ。

■3位は公開2週目となるコメディ"Project X"。先週末比45パーセントダウン。累計興収は4千万ドルを超えたあたり。

■4位には「フルハウス」などで知られるオルセン姉妹(双子)の更なる下の妹にあたるエリザベス・オルセンの主演するホラー映画"Silent House"が登場。ちなみにこのエリザベス、初主演映画"Martha Marcy May Malene"は昨年のインディペンデント映画界で大好評を博し、批評家筋にも確たる評価が拡がっている。姉たちが女優業を引退しビジネスへ転向しようとしている今、彼女だけはその美貌と表現力で映画界を牽引していく可能性を秘めていそうだ。初日の出口調査では35歳以下の観客が80パーセントを占めるとのこと。

■5位には低予算の特殊部隊アクション"Act of Valor"。製作費1200万ドルの本作は現在までに累計5600万ドルほどを稼ぎ出している。

Thousand ■さて、お待ちかね。6位に初登場したのはエディ・マーフィ主演のコメディ"A Thousand Words"だ。公開まで4年間寝かされ続けてきたという本作は、昨今のエディ・マーフィの不人気ぶりを象徴するかのように、映画満足度を指標化するサイト「ロッテン・トマト」では批評家らの支持率が「0パーセント」という数字に達している。もうほとんど、ネタにされているような感覚だ。

本来ならば、エディは今年のアカデミー賞の司会をするはずだった(プロデューサーのブレッド・ラトナーに依頼を受けて承諾していたものの、その後のラトナーの不祥事&降板により、何の非もなかった彼もまた共に司会仕事を降板した)。その司会のクオリティいかんによっては彼の芸達者ぶりへの評価が180度転換するかもしれなかっただけに、彼の降板は非常に悔やまれる結果だった。そして案の定、この機を見込んで公開された映画も散々な目に・・・。観客の61パーセントが25歳以上、そして女性客が55パーセントを占める。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】イーストウッド監督作にトム・クルーズ? | トップページ | 【NEWS】ダーク・タワーがワーナー傘下で復活か? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事