« 【興行】北米週末Ranking Mar.09-11 | トップページ | 【NEWS】オドレイ・トトゥ語る »

2012/03/14

【NEWS】ダーク・タワーがワーナー傘下で復活か?

Darktower 『ダ・ヴィンチ・コード』や『アポロ13』のロン・ハワード監督らがスティーヴン・キング著の超大作「ダーク・タワー」シリーズの映画化&TVドラマ化に取り組んでいたのが昨年のこと。ところがパートナーシップを結んでいた映画スタジオ、ユニバーサルに言わせると「映画3部作&TVシリーズ2本」でカバーしようとするこの試みはあまりにリスクが高過ぎ、製作費も桁違い。しばらく協議が続いた後にユニバーサルの正式撤退が表明された。

ユニバーサルに見捨てられたハワードらは、この企画を決して諦めることなく、その後も他の大手スタジオとの交渉を進めてきた。そしてDeadlineによると、現在では遂にワーナー・ブラザーズとの交渉大詰めを迎えているという。

同記事によるとワーナー側はまずは1作目の脚本を買い取り、それを執筆した脚本家&プロデューサーのアキヴァ・ゴールズマンに更なるリライトを依頼しているとか。そしてロン・ハワードが少なくともこの1作目の監督を務める方向性で進んでいるという。

Havier ワーナー側にとってはすべてをいっぺんに企画するのではなく、まずはこの1作目をどのように起動させるかによってシリーズ化の展望を見極めたい狙いか。加えて、TVシリーズに関してもワーナー系列のケーブルTV局HBOを交えて協議が持たれている模様だ。

またユニバーサル製作時に主役のガンスリンガー“ローランド・デスチェイン”役に内定していたハビエル・バルデムの名前もまだ立ち消えになってはおらず、すべては新たな製作時期に彼のスケジュールに空きがあるか否かにかかってきそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【興行】北米週末Ranking Mar.09-11 | トップページ | 【NEWS】オドレイ・トトゥ語る »

NEWS」カテゴリの記事