« 【NEWS】ヒュー・ジャックマンが誘拐犯を追う父親役に | トップページ | 【NEWS】クルーニー身柄拘束 »

2012/03/16

【レビュー】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

時は現代、ひとりの老婆が日用品店でミルクを買い求める。彼女はミルクのボトルを抱えて自宅に戻り、朝食の準備。長年連れ添った最愛の夫と「ミルクが高くなったわ。価格をずっと注視しているの」などという会話を交わしながら食卓を共にする。外からは警備員とスタッフが言いあう声が聴こえてくる。「またデイムが一人で外出を?」「ちゃんと見てなきゃダメじゃないの!」

いやいや、観るべき映画の入口を間違えたわけではない。これは紛れもない『マーガレット・サッチャー』の冒頭のひとコマなのだ。この物語は彼女の伝記である。しかしかなり特殊だ。なにしろ語り手が一貫した視点でもってその人生を俯瞰したものではなく、軸となるのはサッチャー自身の主観。それも老齢ゆえアルツハイマーにも侵された彼女の心象に映し出される数々の思い出が、それが妄想なのか真実なのかの境目も解き明かさぬまま、気まぐれなパッチワークのごとく紡がれていく。

Ironlady
本作は確かに英国現代史を描くという方向性を保持しながらも、「サッチャー政権とは何だったのか?」という命題に示唆に富んだ解答を与えるような評論家然とした行為はいっさい起こそうとしない。緊縮財政、労組スト、IRA、フォークランド紛争といった難題を抱えながら結果的に多くを切り捨て「小さな政府」を目指した彼女のリーダーシップは数多くの批判にもさらされてきた。来日した主演のメリル・ストリープもサッチャーのことを「最も愛され、そして憎まれもした人物」と語る。つまりはそのような賛否両論ある人物にいかなる映画らしい視点を与え、語るべきストーリーを見出すか。そこに作り手たちの挑戦があったようだ。そうやってつかまえたものこそ、冒頭に切り出した“老いから照射された光”というマジックを加味した全く新しい語り口なのだろう。

ゆえに、もしもサッチャーの人生に何らかの政治的、社会的、フェミニズム的な検証に値するような硬派な側面を求める観客にとっては、この映画がぬるま湯のように感じられる節も少なくないかもしれない。

また、サッチャーが決意を胸に政治の階段を駆け上っていく前半の高揚に比べ、ワンマンな手法でどんどん内閣で求心力を失っていく屈辱的な後半では少々描くべく段階を省略し過ぎてしまっていたように思えた。なぜあのように孤立してしまったのか。そのとき彼女の内面には何が過っていたのか。そこの流れが知りたいのに、映画は必ずしも線的な答えを与えてはくれない。それは他ならぬ(映画の中における)現在のサッチャーの心象模様がそれを許さないからだ。すべての手綱を引くのはあくまで現在の彼女。語られなかった部分はそのまま“今なお記憶の中で直視しえなかった現実”ということになるのだろう。正直言って、この映画に線的なストーリーを求めるのはお門違いと言えそうだ。

しかしながら、と立ち止まってみる。ひとりの人間の生きた証しを刻むといった意味では、メリル・ストリープはまさにこの役を突き抜けるがごとく見事に生き抜いている。それこそ本作でアカデミー賞主演女優賞を獲得したのも納得の域。同賞を得るには“役を生きる”だけでは足らない。“役を生き抜く”ことが求められる。その意味では今回の候補者の中でその言葉に値する存在感を残したのは彼女のみ。それも圧倒的な差をつけての当確だった。

中盤のバイタリティあふれる姿と、後半の御歳90にもなろうかという女史を表現するために特殊メイクで皮膚を覆ったストリープ。外見には落差はあれど、その立ち姿には生命と気力の連続性が認められる。声のトーンや目の輝き、遠くを見つめるその目線―あらゆる瞬間にサッチャーが宿っている。

驚くべきことにそこには確かな線的な流れが存在する。先ほど「ストーリーの線が薄い」と述べたのに対し、この一個のキャラクターの身体に息づく流れはかくも強靭だった。あたかも作り手たちがそれを狙ってピンポイントで仕掛けてきたかのよう。その試みが「主演女優賞オスカーは獲れても、作品賞や脚本賞では候補入りさえできなかったと」いう事実に直結している。

ちなみに本作はもう1部門、メーキャップ部門でオスカーを受賞している。主演女優とメーキャップ。この受賞結果を持ってして初めて、本作がいったいどういった成分で体を成し、そしてどのような分野で評価された映画なのか、正確に把握できるというものだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ヒュー・ジャックマンが誘拐犯を追う父親役に | トップページ | 【NEWS】クルーニー身柄拘束 »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事