« 【NEWS】ジュラシック・パークも3D化 | トップページ | 【レビュー】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 »

2012/03/16

【NEWS】ヒュー・ジャックマンが誘拐犯を追う父親役に

ミュージカル版『レ・ミゼラブル』や『ウルヴァリン2』など話題作目白押しのヒュー・ジャックマンが、新たに"Prisoners"というサスペンスへの主演を決めた。カナダ映画『灼熱の魂』でアカデミー賞外国語映画賞候補入りを果たしたドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。

Jackman ジャックマンが演じるのは、小さな街に暮らす大工。ある日、幼い娘が誘拐されたことからその運命は一変する。事件解決の糸口を見つけられない警察をよそに、彼はいつしか法を無視し、自らの価値判断で犯人を探し始めるのだが―。

主演をめぐっては、これまでにもマーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベイル、レオナルド・ディカプリオなど大物たちの名が挙がってきた。また、アーロン・グジコウスキ("Contraband")が執筆した脚本は2009年のブラックリスト(スタジオ重要陣が選出する未製作の優秀脚本)としても太鼓判を押されるクオリティとのこと。撮影時期はジャックマンが『ウルヴァリン』を終えた後、2013年の初頭ころを予定している。

ちなみに『灼熱の魂』は筆者が昨年観た中で5本の指に入るほどの傑作だった。ヴィルヌーヴ監督にとって初の英語映画となる"Prisoners"が如何なる重厚な作品に仕上がるのかとても楽しみだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ジュラシック・パークも3D化 | トップページ | 【レビュー】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 »

NEWS」カテゴリの記事