« 【NEWS】バットマン最終章、秘かに完成? | トップページ | 【レビュー】現代版ホームズの活躍を描く「Sherlock シーズン2」、第1話 »

2012/03/19

【興行】北米週末Ranking Mar.16-18

先.週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.16-18 weekend 推計

01 21 Jump Street $35.0M
02 Dr. Seuss' The Lorax  $22.8M
03 John Carter  $13.5M
 
04 Project X 
$4.0M
05 A Thousand Words $3.75M
06 Act of Valor $3.67M
07 Safe House $2.8M
08 Journey 2: The Mysterious Island
$2.5M
09 Casa De Mi Padre $2.2M
10 This Means War 
$2.1M

21jump ■"21 Jump Street"がオープニング3日間で3500万ドルを売り上げ、首位スタート。1位と2位だけみるとかなり好調な数字なのだが、それ以外の作品が全く続かなかった。結果的に米国内のボックスオフィス全収益は昨年の同週に比べて8パーセントほどダウン。2012年に入ってからというもの、毎週のように前年越えの好調ぶりがマークされていただけに、ちょっと残念だ。

■"21 Jump Street"は青少年犯罪捜査課、通称"21ジャンプ・ストリート"に所属し潜入捜査を繰り広げる刑事コンビの奮闘を描いたR指定アクション・コメディ。もともとはTVシリーズとして1987~91年に放送され、当時のジョニー・デップの当たり役ともなった作品だ。今回の映画版はそのリブート版ということでジョナ・ヒル&チャニング・テイタムが作品を率いる(ジョニーがカメオ出演しているとのウワサも!)。製作費は4200万ドル。

ソニー独自の出口調査によると観客の年齢層は25歳以上と以下とが半々(5割ずつ)で分かれるとのこと。またシネマスコアの出口調査では25歳以上が67パーセントを占めるという結果に。男女比も男性が53パーセントと若干多い。

なお、チャニング・テイタムといえばヒット作"The Vow"も公開6週目にしていまだ11位に踏みとどまる健闘ぶりを見せつけている。こちらの累計興収は1億2100万ドル。

ところでジョナ・ヒルといえば、『マネーボール』での助演男優賞ノミネートが記憶に新しいが、その見違えるほどのダイエット効果にも注目が集まっている。

Jonah
まったく、同一人物とは思えませんよね。。。

■2位には2週連続の首位から脱落した"Dr.Seuss' The Lorax"。興収は3週目も順調に推移しており、累計興収は1億5840万ドルに達している。製作費は7000万ドル。■3位には公開2週目の"John Carter"。製作費2億5000万ドルの本作は先週末比の下落率が55パーセントとなった(やや高めか?)。米国内の累計興収は5300万ドルを超えたあたり。世界的にみると中国での観客動員がかなり良いようでオープニング興収1000万ドルを越えている。現時点での世界興収は1億8000万ドルほど。

■4位には『ハングオーバー』のトッド・フィリップスが製作総指揮を務めるコメディ"Project X"。累計興収は4800万ドルほど。 ■酷評の嵐にさらされているエディ・マーフィ主演のコメディ"A Thousand Words"は、「そんなにヒドイんなら観てみよう」という心理が働いたのか、なぜか上映館が5つも増え、先週比の下落率も39パーセントという低さ。それでも製作費4000万ドルのところまだ累計1200万ドルほどしか回収できていない。

■6位には特殊部隊アクション"Act of Valor"。製作費1200万ドルの本作は現在までに累計6200万ドルほどを稼ぎ出している。■7位、デンゼル・ワシントン主演の"Safe House"は興収を1億2000万ドルとした。■また10位『センター・オブ・ジ・アース2/神秘の島』は製作費8000万ドルのところ、現在までの興収は9500万ドルほど。来週の今頃までには1億ドル突破なるか。なお同作の世界興収は3億ドルを突破している。

Willfarrell
■9位には見慣れぬスペイン語のタイトルが闖入している。"Casa De Mi Padre"。実はこれ、ウィル・フェレル、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナらが出演するスペイン語コメディなのだ。380館ほどで限定公開がはじまり、これから劇場数を増やしていく予定。■TOP10圏外ではベルギーの巨匠ダルテンヌ兄弟の最新作『少年と自転車』が全米3館にて限定封切られ、1館あたりのアベレージ興収1万7千ドルを記録している。これは現在アメリカで公開中のあらゆる劇場映画の中で最も高い数値だ。同作はカンヌ映画祭にてグランプリ(最高賞に続く次点にあたる)を受賞している。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】バットマン最終章、秘かに完成? | トップページ | 【レビュー】現代版ホームズの活躍を描く「Sherlock シーズン2」、第1話 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事