« 【NEWS】アレンの新作、タイトル変更 | トップページ | 【NEWS】ヒッチコックをめぐる映画 »

2012/03/20

【NEWS】ジャック・ライアン新作にまたもや苦境

『レッド・オクトーバーを追え』や『今そこにある危機』などでお馴染みのトム・クランシー原作“ジャック・ライアン”シリーズの新作企画が苦境を迎えている。というのも、Varietyによると2010年暮れより監督に決まっていた「LOST」や「エイリアス」シリーズのジャック・ベンダーが降板してしまったようなのだ。

本作はすでにJ.J.エイブラムス監督版『スタートレック』で注目されたクリス・パインが若き日のライアン役で抜擢済み。あとは脚本が固まるのを待つだけという状態なのだが、しかしこの脚本作業が巧くいかない。こrまでに執筆に関わった才能は数知れず。最近ではベテラン脚本家のデヴィッド・コープがリライトに加わって突貫工事が行われていたのだが、完成は遅れに遅れ、製作スタジオのパラマウントはいつしかクリス・パイン主演の『スター・トレック2』に先行してゴーサインを出すこととなった。

そしてひたすら待っていたジャック・ベンダーは、相も変わらずTVドラマの分野ではFOXの「アルカトラズ」や新シリーズ"Rewind"で引っ張りだこであることから、とうとうこの映画にしびれを切らし“ジャック・ライアン”からの撤退を決めたようだ。

最近報じられていたプロットとしては「ジャック・ライアンが若き海兵隊員だったころ、任務の遂行中に搭乗していたヘリコプターが墜落し、彼の率いる小隊員は全員死亡。ライアン自身も瀕死の重傷を負う。一命を取り留めた彼はやがてこの事故の謎に迫っていくのだが―」というものがあったが、なおも脚本が仕上がらないところを見るとこの内容も大幅に改定されてしまっていることが予想される。

この新作が陽の目を見るチャンスは、本当に巡ってくるのだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】アレンの新作、タイトル変更 | トップページ | 【NEWS】ヒッチコックをめぐる映画 »

NEWS」カテゴリの記事

【新感覚アクション】」カテゴリの記事