« 【NEWS】米ディズニー、新作不発で巨額の損失 | トップページ | 【予告編】コズモポリス »

2012/03/22

【NEWS】映画版「1984」にアーティスト参加

1984 ジョージ・オーウェルが1949年に発表した20世紀でもっとも重要なSF小説の一冊「1984」が映画化に向けて動き出しているようだ。ハリウッド・リポーターによるとロン・ハワードとブライアン・グレイザー率いるイマジン・エンタテインメントとジュリー・ヨーン率いるLBIエンタテインメントが手を組んで製作にあたる。

と、ここまではよくありがちなニュースなのだが、ここでひとりの有名ストリート・アーティストの名前が登場する。彼の名はシェパード・フェアリー。4年前の大統領選のときに"HOPE"というスローガンのもとバラク・オバマの強烈なキャンペーン・ポスターを生みだした人物だ。

Hope 具体的な経緯は明らかになっていないが、フェアリーはイマジン・エンタテインメントと共に「1984」の映画化権を獲得するために尽力し、またその過程で、同じく同権利を狙っていたLBIエンタテインメントの存在を知り、彼らが協力関係を結ぶのにも一役買ったとのこと。この映画企画が順調に立ち上がればフェアリーはプロデューサーとして名を連ねる可能性があるという。そして個人的な予想だと、彼が作品内のアートビジュアルを手掛ける可能性も高い気がするのだが、どうだろう?

これから製作陣は脚本家探し、監督探し、そしてタッグを組むスタジオ探しを進めていくこととなる。

日本でも村上春樹の「1Q84」シリーズ中に引用されたことで再度注目を集めた「1984」。映画としては1956年のマイケル・アンダーソン監督作、そしてまさにその1984年にマイケル・ラドフォード監督が手掛けた作品(主演はジョン・ハート)もよく知られている。 はたしてフェアリー&イマジン&LBIは、とうに過ぎ去ってしまった時代<1984>にどのような手法で光を当てようというのか。その野心的試みに注目したい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】米ディズニー、新作不発で巨額の損失 | トップページ | 【予告編】コズモポリス »

NEWS」カテゴリの記事

【アート×映画】」カテゴリの記事

【文芸】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事