« 【NEWS】英国で『炎のランナー』再公開 | トップページ | 【レビュー】トロール・ハンター »

2012/03/25

【NEWS】英2011年ゲーム売上、ビデオを抜く

先日、ロンドン滞在中に衝撃的な事実を知った。ここに来ればどんなDVDでも揃うと頼りきっていたボンド・ストリートの巨大HMVが姿を消していたのだ。仕方なく他の店舗を幾つか回ってみたが、どこの店内でも構成要素の大きな変貌に驚かされた。DVDやCDコーナーは面積を狭め、明らかにゲームが浸食力を強めていたのである。

そんな事象を象徴するニュースをBBCが伝えている。英国ではエンターテインメント小売業協会(Enterteinment Retailers Association)が2011年の総売り上げをまとめ、このたびゲームの売り上げが史上初めてカテゴリーの首位を獲得したことを明らかにした。

ゲーム売り上げは19億2600万ポンドに昇り、これはエンターテインメント市場の40.2%にあたる。続くDVDをはじめとするビデオ・フォーマット売り上げは18億ポンド(全体の37.6%)、そして音楽は10億6600万ポンド(22.2%)。

ついに来るべき時が到来したのか、と誰もが神に祈りそうになったのも束の間、これが2012年に入るとふたたびビデオが息を吹き返し、最初の11週間に限って見るとその売り上げはゲームを2倍近く上回っているそうだ。しかしこれには理由がある。今現在、イギリスでは"Game"という名の小売チェーン店が深刻な経営不振に陥っており、多くの流通業者が取引を中止。これによってゲーム産業全体が打撃を受けているのだ。

なお、エンターテインメント小売産業における2011年の総売り上げは、前年に比べて3.3%ほど減少している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】英国で『炎のランナー』再公開 | トップページ | 【レビュー】トロール・ハンター »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

映画業界」カテゴリの記事