« 【NEWS】バト・ロワにも熱い視線? | トップページ | 【画像】『レ・ミゼ』のヒュー・ジャックマン »

2012/03/27

【NEWS】ウォシャウスキー新作、主演オファーはこの人に

『マトリックス』のラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督(兄の性別は女性に変わり、名前もラリーからラナへ変更)が、ワーナー・ブラザーズで新作を起動させ始めている。そのタイトルは"Jupiter Ascending"。内容はまだ一切明らかになっていないが、タイトルの響きからしてSF、それもウォシャウスキーならではの極めてオリジナリティの高い世界観の作品となることが予想される

Jupiter_3 そしてDeadlineによると、ワーナーはこの映画の主演としてチャニング・テイタムとミラ・クニスにオファーを出している模様。彼らが了承し、交渉が順調に進めば、今年の暮れより撮影に入る予定だ。

テイタムは現在、"The Vow"と"21 Jump Street"という2本の新作が大ヒット中。夏には『G.I.ジョー2』も待機中だ。対するミラ・クニスは『ブラック・スワン』で大注目され、その後も『ステイ・フレンズ』などに出演。新作としてはサム・ライミ監督作"Oz:The Great And Powerful"の公開を来年に控える。

ウォシャウスキー姉弟は、トム・テイクヴァと共に3人で監督を務めた"Cloud Atlas"の撮影を終えたばかり。2008年には日本アニメ「マッハGOGOGO」の映画版『スピード・レーサー』を手掛けたが、残念ながらこちらは鳴かず飛ばずで終わっている。

"Jupiter Ascending"は『マトリックス』以来となる完全オリジナルということで、かつてキアヌ・リーヴスを救世主ネオとして世界的なスターダムに駆け昇らせた彼らの魔法が今度はチャニング・テイタムのもとに降り注ぐことが期待される。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】バト・ロワにも熱い視線? | トップページ | 【画像】『レ・ミゼ』のヒュー・ジャックマン »

NEWS」カテゴリの記事