« 【NEWS】リーアム・ニーソン、航空サスペンスに主演か | トップページ | 【NEWS】ダウニーJr.が弁護士役に? »

2012/04/05

【NEWS】アバター続編公開は2015年以降?

もともとのアナウンスメントによると、『アバター』は3部作となり、2作目と3作目は間をおかずに一度に撮影が行われるということだった。そして『アバター2』は2014年暮れに封切られ、『アバター3』はその1年後の2015年暮れに公開―。

Avatar
つい先日には世界で最も深い海底(マリアナ海溝)への単独潜水を成功させたジェームズ・キャメロン監督だが、世界のニュースサイトを賑わせたそれらの快挙とは裏腹に映画ファンのあいだでは「で、アバターは間に合うの?」との疑問が湧きあがっている。そしてここにきて英EMPIREが『タイタニック3D』の公開にあわせてプロデューサーのジョン・ランドーに取材を試みたところ、案の定こんな答えが返ってきた。

「具体的な時期は示せないが、2014年ってのはちょっとキツいんじゃないかな」

そして公開日にこだわり、早く早くと求める潮流にひと釘刺すかのように、"Movies make release dates, release dates don't make movies."(映画が公開日を成すのであって、公開日が映画を成すわけではない)と格言じみた言葉を残している。

世間一般ではよく「締め切りが仕事のクオリティを決める」ともよく言われるが、『タイタニック』や『アバター』で自分自身に対して極限までストイックさを貫き、問答無用の映像革命を巻き起こしてきた監督チームだからこそ経験則的に口にできるこの言葉。これぞ真の意味でのクリエイティヴの自由。

しかしながら続編の製作はしっかりと進展しているようだ。現在はニュージーランドの特殊工房WETAデジタルにてアニメーション・スーパーバイザーのリッチー・ベインハムと特殊効果スーパーバイザーのノーラン・マーサ率いるチームが海中シーンにおけるパフォーマンス・キャプチャーに取り組んでいるという。

これらの海中は『アバター』における浮遊する山々のように印象的な映像で彩られるとのこと。また本編の中で海という要素は、我々が足を踏み入れ、一度は立ち去り、また再び帰ってくるものとして描かれるようだ。きっとそこには生命誕生の歴史と未来とが象徴されているのだろう。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】リーアム・ニーソン、航空サスペンスに主演か | トップページ | 【NEWS】ダウニーJr.が弁護士役に? »

NEWS」カテゴリの記事