« 【興行】ハンガーゲームV2確実 | トップページ | 【NEWS】ジョブズ役にアシュトン・カッチャー »

2012/04/02

【興行】北米週末Ranking Mar30-Apr01

先.週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.30-Apr.01 weekend 推計

01 The Hunger Games $61.1M
02 Wrath of the Titans  $34.2M
03 Mirror Mirror  $19.0M

04 21 Jump Street
$15.0M
05 Dr. Seuss' The Larax $8.0M
06 John Carter $2.0M
07 Salmon Fishing in the Yemen $1.27M
08 Act of Valor 
$1.0M
09 A Thousand Words $0.9M
10 Journey 2:The Mysterious Island
$0.8M

■強力な新作が2本封切られた週末だったが、結果的には"The Hunger Games"の大ヒットの前には何の太刀打ちもできず、いとも簡単に同作のV2を許す形となった。週末興収は先週末に比べて60パーセント減の6100万ドル。公開10日間の累計興収は早くも2億5100万ドル。製作費は7800万ドル。

Thehungergamesscene

Wrathof_the_titans ■2位に初登場したのは『タイタンの戦い』に続く『タイタンの逆襲』(Wrath of the Titans)だ。思い返すと、2010年公開の前作は『アバター』に続く3D映画の台頭期を担い大ヒットを記録しながらも(オープニング3日間で興収6000万ドル越え)、一方の批評家からは酷評に伏された。続編ではこの烙印をいかに払しょくするかが腕の見せ所なわけだが、監督はルイ・リテリエから『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマンへとバトンタッチし、人類と神々、そして巨神との三つ巴の戦いを壮大なスケールで描ききっている。製作費は1億5000万ドル。

初日の出口調査によると、男性客が全体の66パーセント。また25歳以上の観客が全体の55パーセントを占めるとのこと。

ハリウッド・リポーターによると、ワーナーの興行責任者は本作に関して「たとえば『シャーロック・ホームズ2』もスタートこそ前作に劣っていましたが、現在では前作の興収を抜き去っています」と語っている模様。この路線に乗って堅実なヒットを狙えればという想いなのだろう。ちなみに海外ではこの『タイタンの逆襲』が『ハンガーゲーム』を凌駕し、海外興収1位の座を獲得しているようだ。

Mirror ■3位には"Mirror Mirror(鏡よ、鏡)"が初登場。『落下の王国/The Fall』『インモータルズ』のターセム・シン監督がその圧倒的なビジュアリティを駆使してえがく「白雪姫」の物語だ。いつもは血なまぐさいターセム節も今回は子どもから大人まで安心して楽しめる作品に仕上がっているようだ。主演はリリー・コリンズ、ジュリア・ロバーツ。製作費は8500万ドルという高額につき、回収するのにしばらく時間がかかりそうだ。

観客別にみると、全体の6割がファミリー層で、その内訳は12歳以下の子供客が37パーセント、その親たちが23パーセントということになる。そしてやはりその題材ゆえか、男女比では女性が76パーセントを占めるとのこと。

なお本作は、急逝した日本人デザイナー石岡瑛子さんが最晩年に衣装デザインを担った作品として、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀~デザイナー石岡瑛子~」でもその仕事ぶりが少しだけ映し出されている(番組のほとんどは舞台版「スパイダーマン」の製作風景だが)。

■4位の"21 Jump Street"は3週目にしてその累計興収を9300万ドルにまで伸ばしている。なにしろ先週末に比べてその数字が27パーセントしか落ちていないのが強みだ(通常だと毎週ごとに50パーセントずつ減少していく)。来週の今頃には軽く1億ドルを超えていることだろう。製作費は4200万ドル。5位の公開5週目"Dr.Seuss' The Lorax"は累計興収を1億8900万ドルとした。製作費は7000万ドル。4週目の"John Carter"は6位となった。累計6600万ドル。製作費は2億5000万ドル。

■さて、注目どころは公開4週目にして限定公開から劇場数を一気に360館上乗せしてきた7位の"Salomon Fishing in the Yemen"だ。

Salmon
本作は昨年のトロント映画祭を皮切りに大きな注目を集めながらも惜しくも2011年内の公開が見送られてきた作品。英国政府とイエメンとの交流事業として砂漠の国にサーモン・フィッシングを根付かせようと専門家&担当者コンビの奮闘がはじまる―というストーリー。主演はユアン・マクレガー、エミリー・ブラント。監督は『ギルバート・グレイプ』などでお馴染みのラッセ・ハルストレム。また本作の脚本を手掛けたのは『フル・モンティ』『スラムドッグ・ミリオネア』『127時間』で知られる英国最高の書き手のひとりサイモン・ビューフォイだ。彼は現在『ハンガーゲーム』続編の脚本執筆にもあたっている。

Bully ■さらにはワインスタイン・カンパニー配給のドキュメンタリー"Bully"がロスとニューヨークの5館で封切られ、1館あたりのアベレージ興収が2万5千ドルを超える好スタートを切っている。アメリカの学校におけるイジメ問題に真正面から切り込んだ本作はその内容や言葉の問題などによりMPAA(アメリカ映画協会)によりR指定を受けながらも、ワインスタイン社はこれを不服として認めず、最終的には「レーティングなし(unrated)」として公開する決断を下している。全米の多くの劇場はMPAAのレーティングを安全基準情報として観客に提示しているので、これがunratedな状態である以上、この先"Bully"の劇場増はあまり見込めないこととなる。同社は「R指定では見ることのできなくなる青少年にこそ見てもらいたい映画」と主張しているが、さてその希望は届くのか―。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【興行】ハンガーゲームV2確実 | トップページ | 【NEWS】ジョブズ役にアシュトン・カッチャー »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事