« 【興行】北米週末Ranking Apr.06-08 | トップページ | 【NEWS】ハインラインのSF小説をアレックス・プロヤスが映画化 »

2012/04/10

【NEWS】「メリー・ポピンズ」の真実を描く映画にトム・ハンクス?

複数のメディアが伝えるところによると、映画「メリー・ポピンズ」の裏側に迫った"Saving Mr. Banks"の主演にトム・ハンクスとエマ・トンプソンの名前が挙がっているそうだ。

Saving
1964年に世界で大ヒットを記録した『メリー・ポピンズ』。誰もが心を高揚させ笑顔になれるこのファンタジー映画製作の裏側で、ただ一人だけ苦渋の表情を浮かべる人物が存在した。それは他でもない原作者の女流作家P.L.トラヴァースだった。彼女のもとにはこの原作をぜひとも映画化したいと望むウォルト・ディズニーが、じつに14年に渡って説得に訪れたという。そしてようやく承諾が得られたかと思えば、映画製作の過程で彼女は逐一厳しい要望を突きつけた。そして実際に完成した作品を目の当たりにしたとき、トラヴァースは絶望的な気持ちに襲われたと言う(とくに実写とアニメーションの融合シーンと、あの楽曲の数々に不快感をあらわにしたとか)。それに原作のポピンズは映画のように朗らかなやさしい人物というわけではなかった。いったい彼女にとって「メリー・ポピンズ」とはどんな想いのこもった物語だったのか―。

そんな興味深い背景に迫ったディズニー製作の新作"Saving Mr. Banks"。

ミスター・バンクスとは「メリー・ポピンズ」に登場する一家の堅物なお父さんのこと。彼のモデルとなったのはトラヴァースが幼い時に亡くなった実父で、彼女は父との関係性に戸惑いながら幼少期を送ったという。

『しあわせの隠れ場所』のジョン・リー・ハンコックが監督を務める本作は、現在キャスティング行程の真っただ中。ウォルト・ディズニー役にトム・ハンクス、トラヴァース役にはエマ・トンプソンと、あと以前はメリル・ストリープの名前も挙がっていたというが、メリルがいまだ候補内に留まっているかどうかは定かではない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【興行】北米週末Ranking Apr.06-08 | トップページ | 【NEWS】ハインラインのSF小説をアレックス・プロヤスが映画化 »

NEWS」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事