« 英国式ブレックファスト | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Mar30-Apr01 »

2012/04/01

【興行】ハンガーゲームV2確実

北米ボックスオフィスでは依然として『ハンガーゲーム』が記録的ペースで興収を伸ばす中、これに対抗すべく金曜日より『タイタンの逆襲』と"Mirror Mirror"という2本の期待作が封切られた。果たしてこれらの新作群はどのくらいの週末興収を上げられるだろうか。以下、その第1段階の予測(ごく初期の予測)を見ていく。
Wrath_of_the_titanssamworthington
まずは2010年のヒット作『タイタンの戦い』の続編作『タイタンの逆襲』はオープニング3日間(金~日)で3500万ドルを超える興収が予測されている。これは滑り出しとしては決して悪くない数字だが、なにしろ前作は同3日間で6120万ドルを稼ぎ出しているだけに、少なからず遜色はある。本作はサム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズが再登板。唯一、監督だけが前作のルイ・リテリエから『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマンに変わっている。製作費は1億5000万ドル。

Juliarobertsinmirrormirror対する「白雪姫」の映画版"Mirror Mirror"はオープニング3日間で2000万ドルを僅かに超える見込み。『ザ・フォール』『インモータルズ』のターセム・シン監督が相変わらずの極彩色の映像美を見せつけ、子どもから大人まで楽しめるファンタジーに仕上がっている。白雪姫には新鋭リリー・コリンズ(あのミュージシャン、フィル・コリンズの娘)、女王役にはジュリア・ロバーツ。王子様役には『ソーシャル・ネットワーク』『J.エドガー』のアーミー・ハマー。先日急逝した日本人デザイナー石岡瑛子の参加も見逃せない。タイトルはお馴染みのセリフ、「鏡よ、鏡よ」から引用したもの。製作費は8500万ドル。

Katnisseverdeenhangergamesbowandarr
そして肝心の『ハンガーゲーム』は現時点で週末興収5500万ドル近辺になるとの見方が強まっている。となると、本作は容易に『タイタンの逆襲』と"Mirror Mirror"を凌駕し、V2を達成。封切後10日間の累計興収は2億5000万ドルほどとなる見込み。まだまだ勢いが衰えそうにない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 英国式ブレックファスト | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Mar30-Apr01 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事