« 【NEWS】ブラピ&アンジー婚約 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Apr13-15 »

2012/04/14

【NEWS】ルヘイン小説が映画化へ。ディカプリオが主演予定

Leoワーナーブラザーズがデニス・ルヘインの新作小説"Live By Night"の映画化権を取得したとDeadlineが報じている。同スタジオは今後レオナルド・ディカプリオ率いる製作会社アピアン・ウェイと組み、レオの主演作としてこの企画を進めていく予定だ。

デニス・ルヘインといえば、過去にはイーストウッド監督作『ミスティック・リバー』、ベン・アフレック監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』、そしてスコセッシ監督とディカプリオが組んだ『シャッター・アイランド』の原作者としても知られ、これらの作品は原作、映画ともに高い評価を獲得している。

今回話題に昇っている"Live By Night"は今年の10月ごろに発売予定とのことで、その内容についてはまだ多くが謎に包まれたままだ。しかしながら第一次大戦末期のアメリカの混沌を描いたルヘイン著「運命の日」(原題"The Given Day")にはじまる3部作の中篇にあたり、前作の登場人物が禁酒法時代に繰り広げる物語―とされている。

この「運命の日」に関しても過去にサム・ライミ監督が映画化を検討したことがあったが、結局、結論が出せないまま権利が失効してしまっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ブラピ&アンジー婚約 | トップページ | 【興行】北米週末Ranking Apr13-15 »

NEWS」カテゴリの記事

【文芸】」カテゴリの記事