« 【NEWS】カンヌ・ラインナップ発表 | トップページ | 【NEWS】ウルヴァリン2はオーストラリアで撮影 »

2012/04/20

【NEWS】ハンガーゲーム続編監督はこの人に

Lawrence世界で大ヒットを記録中の『ハンガーゲーム』。その続編監督としてライオンズゲート側はフランシス・ローレンスに白羽の矢を立てた模様だ。

経緯を説明しよう。1作目の成功の立役者ともいうべきゲイリー・ロス監督(『カラー・オブ・ハート』『シービスケット』)が続編企画"Catching Fire"の降板を申し入れたことから、このところ製作スタジオのライオンズゲートでは緊急の新監督探しが続けられてきた。

Hunger とにもかくにも時間がない。主演のジェニファー・ローレンスは今や超売れっ子となり、来年の1月からはFOXにて『X-MEN ファースト・ジェネレーション2』の撮影も始まる。"Catching Fire"はその前に撮影を済ませておく必要があり、逆算しても8月中には製作入りしたいところ。前任者ゲイリー・ロスもこの「あまりの時間のなさ」を理由に本作を降板したわけだが、さてこの条件に見合う才能は見つかるのかどうか。

先日にもお伝えした通り、ライオンズゲート首脳陣のウィッシュ・リストにはデビッド・クローネンバーグ、アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥといった映画ファンならば泣く子も黙る異才がならんでいたのだが、時間の経過とともにもう少し現実的な名前が浮上してきて、そこには『マネーボール』のベネット・ミラー、『アイ・アム・レジェンド』のフランシス・ローレンス、『永遠のこどもたち』のホアン・アントニオ・バヨナ、『アタック・ザ・ブロック』のジョー・コーニッシュらがエントリー。最終的にはミラーとローレンスの一騎打ち状態となっていた。

Catching 世間の注目度からすれば『マネーボール』がオスカー候補入りしたミラーが最有力なのだが、しかし彼はFOXでスティーヴ・カレル主演の"Foxcatcher"という作品を企画中で、この時期に抜けることが叶わず。というわけで、結局のところスタジオ側はフランシス・ローレンス監督に白羽の矢を立てた模様だ。これから両者は本格的な交渉に入り、これがまとまればすぐさま怒涛のスケジュールで製作を進めていくことになる。

ローレンス監督は『コンスタンティン』や『アイ・アム・レジェンド』といった特殊なSF映画で知られ、昨年はこれまでからすると異色なドラマ『恋人たちのパレード』も発表するほか、ブリトニー・スピアーズやジェニファー・ロペス、グリーンデイといったアーティストのミュージック・ビデオ演出でも高い評価を得ている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】カンヌ・ラインナップ発表 | トップページ | 【NEWS】ウルヴァリン2はオーストラリアで撮影 »

NEWS」カテゴリの記事