« 【NEWS】カンヌ審査員発表 | トップページ | 【NEWS】スパイク・ジョーンズ新作にルーニー・マーラ交渉入り »

2012/04/26

【NEWS】『ヘルプ』監督の次回作決定か?

Deadlineによると、オスカー候補作『ヘルプ』のテイト・テイラー監督が次回作としてFOXと"The Jury"という作品の交渉に入っているという。この話がまとまれば、テイラーは脚本と監督を手掛けることとなる。

この原作となるのは2002年にイギリスのグラナダ・テレビジョンが製作したTVミニシリーズ。15歳の少年が殺害され、容疑者としてムスリムのクラスメイトが逮捕される。事件の裏側にはいったい何があったのか。12人の裁判員たちはそれぞれの目線で事件と向きあい、被告に対し法の審判を下そうとするのだが・・・。オリジナル版では英国随一の書き手として知られるピーター・モーガンが脚本を担当。『バンテージ・ポイント』で知られるピート・トラヴィスが演出し、ジェラード・バトラーやマーク・ストロングらがアンサンブルを固めた。

放送当時より高い評価を得ていたTVシリーズは2007年に映画化権が売買され、このときは『君のためなら千回でも』や『007 慰めの報酬』で知られるマーク・フォースターが監督を、『スーパーチューズデー』のボー・ウィリモンが脚本を担当する方向で調整が進められた(結局この案はうまくいかなかった)。このたびフォースターはプロデューサーに回り、すべてはテイト・テイラーの演出力に託されることとなりそうだ。

『ヘルプ』で役者陣のアンサンブル演出が絶賛されたテイラーだけに、重要な役どころが渦巻く本作でもそのそれぞれの持ち味を巧みに散りばめていくことが期待される。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】カンヌ審査員発表 | トップページ | 【NEWS】スパイク・ジョーンズ新作にルーニー・マーラ交渉入り »

NEWS」カテゴリの記事

【脚本:ピーター・モーガン】」カテゴリの記事