« 【NEWS】ジョブズ役にアシュトン・カッチャー | トップページ | 【NEWS】オリンピック開会式にボンド登場 »

2012/04/03

【ラジー賞】サンドラー作品、全10部門制覇

今年から開催日一カ月近く移動したゴールデン・ラズベリー賞(またの名を最悪映画賞)授賞式が、この賞にふさわしいエイプリル・フールの夜、カリフォルニア州サンタモニカにて挙行された。今年で32年目を数える同賞だが、今回は歴史的快挙が記録に刻まれた。なんとアダム・サンドラー主演のコメディ『ジャックとジル』が全10部門を制する快挙(?)を打ち立てたのだ。

Jackandjill
同作でアダム・サンドラーは双子の兄妹を演じている。ゆえに受賞部門も通常の2倍増。最悪映画賞はもちろんのこと、最悪男優賞にアダム・サンドラー(彼のもう一本の主演作"Just Go With it"の演技も含む)、最悪女優賞にもアダム・サンドラー(双子の妹ジル役として)、最悪助演男優賞(アル・パチーノ)、最悪助演女優賞(デイヴィッド・スペイド)、最悪アンサンブル賞、最悪監督賞、最悪脚本賞、最悪リメイク/改悪賞(エド・ウッド監督作"Glen or Glenda"のリメイクとして)、果てには最悪カップル賞としては同作のサンドラーとケイティ・ホームズ、サンドラーとアル・パチーノ、サンドラーとサンドラーの3カップルが受賞を果たした。

なお、一昨年前のサンドラ・ブロックのように授賞式会場に現れた勇気ある受賞者は今年はひとりもいなかった。

1980年に創設されたゴールデン・ラズベリー賞は今年で32回を数える。今回は試しにエイプリル・フールに開催してはみたものの、正直言って世間の注目はかえって薄くなっているのが現状だ。主催者ジョン・ウィルソンは「『以前のようにオスカー授賞式前後の方が好ましい』との意見が会員から寄せられている」と打ち明け、来年から元の鞘に戻る可能性があることも示唆している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

ちなみに昨年の受賞作はM.ナイト・シャマラン監督の『エアベンダー』でした。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ジョブズ役にアシュトン・カッチャー | トップページ | 【NEWS】オリンピック開会式にボンド登場 »

awards」カテゴリの記事

NEWS」カテゴリの記事