« 【NEWS】オリンピック開会式にボンド登場 | トップページ | 【NEWS】エメリッヒ、ホワイトハウス奪還劇を監督か »

2012/04/03

【レビュー】ヘルプ~心がつなぐストーリー~

アメリカ公開時、正直、誰も期待していなかったし、キャスティングや監督名などに秀でた“売り”があるわけでもなかった。しかしその評価は観客の間でジワジワと口コミを広げ、果てにはアカデミー賞作品賞候補として名を連ねるまでに至った。いわゆる毎年必ず一本は現れるサプライズ・ヒット枠(思いがけないヒットにより下剋上的に伸し上がってきた映画)である。批評家筋の間で評価された作品に比べ、こういう作品は勢いが止まらなくなるので決して侮れない。

Help
時はアメリカで公民権運動の熱が徐々に高まりだす60年代。舞台は南部ミシシッピ州のジャクソンという町。黒人への差別が根強く残るこの地で、作家志望の主人公のスキーターは幼いころより黒人メイド=ヘルプの手によって育てられた。南部の家々も様々だ。虐げる者もいれば、家族同等に接する者もいる。そして彼女の育った家は比較的、使用人の黒人への配慮のある家柄のはずだった。だが大学を卒業して実家へ戻った彼女は、実の娘以上に優しく育ててくれた老メイドがいつの間にか暇を言い渡されていたことを知る。

アメリカは価値や意識の大きな転換期を迎えようとしている。それなのにこの街には未だにその兆しが見えない。家族も、友人も、ご近所も。

そんな中、早々と結婚して家庭に入る友人らを尻目に、いまだ婚期の訪れないスキーターは新聞社でコラム執筆の仕事を手にする。今週の題材は何にしよう。そうだ、友人が雇っている物知りのヘルプに生活の知恵を伝授してもらおう。だが、いつしかスキーターの関心ごとは「生活の知恵」などではなく、この街の住人として逃れようのない人種問題へと向かい始める。テレビからはまたも人種間の衝突のニュース。それにキング牧師の姿。彼女はこの激動の時代を生きるヘルプたちに興味をいだく。彼らは常日頃、なにを考え、どんな生活を送っているのか。白人の雇い主に対してどんな想いをいだいているのか。それらの打ち明け話を匿名の証言集として本にまとめるべく周囲の黒人たちに声をかけはじめる。

初めは「そんなことすればどんな痛い目を見るか分からない」と固辞する彼ら。しかし日常の中で膨れ上がる理不尽な出来事やわだかまりに耐えかね、徐々に心の内をさらけ出しはじめる。そこから湧き出る抱腹絶倒の逸話から深刻な人権侵害に至るまでのエピソードの数々。そのムーブメントは次第に輪を広げ、秘密のインタビュー場所には「わたしのストーリーも聞いて!」と長蛇の列が並び始める。

その成果はいつしか「Help」と名付けられた一冊の本となって、全米にセンセーションを巻き起こす一滴のしずくとなり・・・。

The20help
2時間半もの長丁場に渡る作品だが、この語り口に飲みこまれると一気に感情を持っていかれる。これはストーリーの地力なのか、それとも役者陣や演出による表現力の賜物なのか。これまで我々が接してきた“人権問題”やら“公民権運動”といったテーマに身を寄せた作品には圧倒的なまでにシビアかつ骨太な語り口が不可欠だった。が、この映画はそれらとはまるで違う。時代の“傍観者”から“行動者”となったスキーターの姿を通して、観客を南部の大らかさへと誘い、深呼吸のように清々しい感触でやさしく包み込んでくれる。

それに、いくら白人女優エマ・ストーンを主演に据えているからといって、よくある“白人の視点から見た虐げられた黒人像”という上から目線には陥らない。これまで星の数ほど作られてきたそれらの啓発物語を踏襲せぬよう作り手が細心の注意を払い、この極上の雰囲気と友情、それに『ブライズメイズ』顔負けのお下品な爆笑シーンまでもがふんだんに詰め込まれている。

一方、スキーターらが起こすムーブメントは一つ間違えば危険な代償を伴いかねないものである。いつ過激派に嗅ぎつけられ生命の危険にさらされるとも分からない。しかしこれらの現実的な脅威はあくまで状況説明の範疇にとどめ、この物語は“語りのファンタジー”とも言えるエクスキューズによって、登場人物がそれぞれ伸びやかに個性を発揮し、マイナスさえもプラスに変えながら、メロディを奏でるように互いの存在感を縦横無尽に絡ませていく。

Thehelpcast

冒頭に私は「キャスティングに秀でた点があるわけでもない」と書いたが、しかしそれゆえにメインとなる5人(エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン)の女性たちは、たとえ反目する役柄どうしであっても、その衝突が見ていて苦痛ではない見事なニュアンスを形作っていく。そのアンサンブルの結果として、本作の語り部でもあるヴィオラ・デイヴィスはアカデミー賞にて主演女優賞に候補入りし、オクタヴィア・スペンサーは助演女優賞オスカーを獲得するなど、ふたりして映画界の絶賛を勝ち取ったが、その背後には先の5人絡みのガッチリとしたスクラムがあったことも併せて指摘しておきたい。

ちなみに主人公スキーター役のエマ・ストーンといえば、今夏公開の『アメイジング・スパイダーマン』でヒロインのグウェン・ステイシー役を演じる注目株。またこのスキーターの前に立ちはだかる強敵ビリーを演じるブライス・ダラス・ハワードの小悪なビッチぶりときたら、絶妙に小気味よく観客のイライラ度を募らせてくれるわけだが、そういうふたりが運命的対決を余儀なくされるのも納得、実はサム・ライミ版の『スパイダーマン3』ではこのダラス・ハワードこそがグウェン・ステイシー役を演じており(ライミ版でグウェンは脇役だった)、この映画は期せずして新旧スパイダー・ガールがまさかの60年代南部にて攻防を繰り広げる構図を生みだしている。この応酬に終始笑みが止まらなかった。

『ヘルプ』はあくまで過去の物語かもしれないが、しかしその実、映画界の新たな未来と可能性(こと女優陣に関して)とがふんだんに詰まった、大切な贈り物のような作品だ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】オリンピック開会式にボンド登場 | トップページ | 【NEWS】エメリッヒ、ホワイトハウス奪還劇を監督か »