« 【NEWS】二コール・キッドマンが『ラビット・ホール』脚本家と再びタッグ | トップページ | 【予告編】Gangstar Squad »

2012/05/10

【NEWS】ダニー・ボイル演出の舞台が米劇場で上映

昨年、英国ロイヤル・ナショナル・シアターで上演され大好評を博したダニー・ボイル演出の「フランケンシュタイン」が、6月に全米200館以上のスクリーンで2晩だけ映像作品として上映されることが決まった。

Frankensteindannyboylenationaltheat
本作はクラシック・ホラーとして知られるメアリー・シェリーによる原作小説を脚色したものだが、ボイルの演出の下、主演のベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが“フランケンシュタイン博士”と彼の作り出した“クリーチャー”の役を日替わりでスイッチすることによって、互いの二者同一性をこれまで以上にクローズアップしようとする試みが取られている。また、本作の音楽をアンダーワールドが手掛けたことも話題を呼んだ。

Franken 今回の劇場公開では、その役のスイッチ具合が堪能できるように、2つのバージョンを1晩ごとに上映する。

なぜこの時期にわざわざ英国産の舞台をスクリーン上映するのか。実は現在、カンバーバッチの主演する現代版シャーロック・ホームズの活躍を描くBBC製作のTVシリーズ「シャーロック」の第2シーズンが全米放映中であり、なおかつジョニー・リー・ミラーに至っては、新たに製作されるニューヨーク版シャーロック・ホームズ登場のTVドラマ"Elementary"のパイロット版に主演することが決定済み。かくもどこまでも表裏を成すふたりの俳優なわけだが、このタイミングで彼らの米国内での知名度を一気に高めたいとする狙いが確実に見え隠れしているわけだ。

ちなみにイギリスといえば今年はロンドン・オリンピック。この舞台「フランケンシュタイン」でのコラボレーションが縁となって、ダニー・ボイルとアンダーワールドはこの開会式でも芸術監督&音楽監督として強力コラボを組むことになっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】二コール・キッドマンが『ラビット・ホール』脚本家と再びタッグ | トップページ | 【予告編】Gangstar Squad »

NEWS」カテゴリの記事

【アート×映画】」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【文芸】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事