« 【NEWS】アレクサンダー・ペインの新作メインキャストほぼ固まる | トップページ | 【予告編】ミシェル・ゴンドリー最新作The We And The I »

2012/05/16

【NEWS】ジョブズ伝記映画の脚本家にアーロン・ソーキン決定

ソニー・ピクチャーズは同社が進めるウォルター・アイザックソン著「スティーブ・ジョブズ」の映画化に際し、アーロン・ソーキンを脚本家として起用することを正式発表した。生前のジョブズと言葉を交わした間柄ということもあり、ジョブズの死後、この企画に長らく名前が挙がり調整を進めてきたソーキンだが、ようやく覚悟を決めたこととなる。

ソニー・ピクチャーズとアーロン・ソーキン、それにプロデューサーのスコット・ルーディンといえば、ここ数年、『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』などノンフィクションを扱った題材を見事なまでにドラマティックに彩ってきた間柄。「スティーブ・ジョブズ」にしても原作とは一線を画し、ソーキン独自の目線、そして時間軸でジョブズの人生を抽出し、ストーリーを織りなされていくものと思われる。監督、主演はまだ決まっていない。

またこうしている間にも、ハリウッドではもう一つの「ジョブズ」映画企画が進行中だ。こちらはジョブズ役としてすでにアシュトン・カッチャーが決定している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】アレクサンダー・ペインの新作メインキャストほぼ固まる | トップページ | 【予告編】ミシェル・ゴンドリー最新作The We And The I »

NEWS」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事