« 【予告編】エクスベンダブルズ2 | トップページ | 【NEWS】ブラッド・バードの新作決定 »

2012/05/04

【NEWS】ダスティン・ホフマン監督作をワインスタインがお買い上げか?

Hoffan ダスティン・ホフマンによる監督作"Quartet"の配給権をめぐり、ハーヴェイ・ワインスタイン率いるワインスタイン・カンパニーが交渉入りしているという。

本作はおよそカンヌ映画祭を目途にバイヤーたちのもとへ仕上がってくるものとされていたが、昨年の同時期に『アーティスト』の配給権を先行取得したのと同様、ワインスタイン・カンパニーは他社に先んじて交渉を進め、いち早く作品を押さえようとしているようだ。もしやこの作品に次なるオスカーの可能性を見出しているのだろうか?

ロナルド・ハーウッドによる戯曲をハーウッド自身が脚色した本作は、引退したオペラシンガーたちが暮らすホームを舞台にしたコメディ。毎年、ヴェルディの誕生日にコンサートを開くことを慣わしとする彼らだが、今年はディーヴァ役のワケあり女性が演技はすれど歌唱を拒むという暴挙に出たことから、公演には大きな不協和音が生まれ・・・。

実はダスティン・ホフマンが監督業を試みたのはこれが初めてではない。1978年の"Straight Time"という作品は当初ホフマンの監督デビュー作として準備がなされていたものの、実際の撮影が始まると彼はこの役割を放棄。その穴を埋めるべく急きょウル・グロスバードが代理監督として登板することとなった。彼の名誉を考慮しての判断か、ホフマンの名前は同作の監督名としては並んでいない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【予告編】エクスベンダブルズ2 | トップページ | 【NEWS】ブラッド・バードの新作決定 »

NEWS」カテゴリの記事

【クラシック音楽はお好き?】」カテゴリの記事

【音楽×映画】」カテゴリの記事