« 【NEWS】Red2の悪役にあの名優? | トップページ | 【レビュー】私が、生きる肌 »

2012/05/25

【NEWS】世武裕子「75002」

ひとたび響きを耳にすれば、その才能を世界中に広めたくなる。映画業界とも決して無縁ではない音楽家、世武裕子の6月6日リリースとなる最新アルバム「アデュー世界戦争」より「75002」という楽曲のPVがYouTubeで先行公開された

世武さんといえば、皆その名は知らなくとも、GoogleのCMなどで一度は目撃したことがあるんじゃないだろうか。

フランス留学中に映画音楽の勉強を積んだ彼女の楽曲構成力は図り知れず、その作風も多彩で、円を味わい深く丹念に描いたようなミニマルなものから、一転して精密にレンガを積み上げ荘厳なる構築物を出現させるような大作まで、まさに変幻自在。これが世武裕子かとジャンルで括ろうとした次の瞬間には全く違う次元で音が響いているといった印象だ。

「75002」もこれまでの印象からすれば驚くほどポップな楽曲に仕上がった。でもじっくり耳を傾けてみると、そのポップさを成立させるために驚くほど緻密な音が有機的に組み合わさってダイナミックな音色の展開を巻き起こしていることに気づく。

そして何よりもウディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』の公開と期を同じくして、こうしてパリの空気に浸れるのが本当に清々しく、気持ちいい。

すでに映画『家族X』をはじめ、邦画界でも作曲家としてクレジットされ話題を集めている世武さん。彼女の奏でる音楽を一度耳にすれば、それがどれだけ映画と親和性の高いものか、分る人には震えが止まらなくなるくらいの実感、そして逸材の発見として胸に刻まれるはずだ。そしてこのたび2013年公開のだいじょうぶ3組』(乙武洋匡原作、国分太一主演、廣木隆一監督)の音楽を手掛けることも発表となっている

果たしてこれから10年後、どの地点に立っているのか。ジャンルに垣根はいらない。世武さんの辿りつくところに音楽が鳴っている、ただそれだけで素晴らしいこと。少なくとも、いま最も面白く目の離せない存在・才能であることは間違いない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】Red2の悪役にあの名優? | トップページ | 【レビュー】私が、生きる肌 »

NEWS」カテゴリの記事

【音楽×映画】」カテゴリの記事