« 【予告編】タランティーノ最新作Django Unchained | トップページ | 【NEWS】サミュエル・ジャクソンが「ロボコップ」に出演 »

2012/06/07

【NEWS】ジェイミー・フォックスが大統領役として交渉入り

Foxx 本日、タランティーノ監督作"Django Unchained"の予告編が初お目見えしたばかりというタイミングで、その主演のジェイミー・フォックスがサスペンス・アクション"White House Down"への出演に向けて交渉入りしているとのニュースが飛び込んできた。しかも彼が打診されているのは大統領役だという。

インデペンデンス・デイ』や『2012』で知られるローランド・エメリッヒの監督作として準備されている本作は、タイトルから想像しうる通りホワイトハウスが何者かの手により占拠されてしまうプロットが展開。そこではやはりブルース・ウィリスよろしく、この手のジャンルの王道というべきか、限定状況で悪に立ち向かう男の存在があるようで・・・その要の役としてすでにチャニング・テイタムが大統領を死守するシークレット・サービス役として主演を決めているものの、今回ジェイミー・フォックスの名前が飛び出しことを考えるに、闘うのはテイタムのみならず、本作の大統領もかなり行動派の役柄になるとみたほうがよさそうだ。

脚本を手掛けるのは『ゾディアック』や『アメイジング・スパイダーマン』のジェームズ・ヴァンダービルト。彼の脚本をソニー・ピクチャースが300万ドルでお買い上げしたことを発端にこの企画は急速に形を帯びてきた。製作側はこの夏にでも撮影入りしたい構えだという。

なお、ホワイトハウス絡みでは似た内容の"White House Taken"という映画企画も存在するらしく、こちらはジェラード・バトラー主演で話が進んでいるようだ。今後どちらかがタイトルを変えない限り、ちょっと紛らわしい事態が続きそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【予告編】タランティーノ最新作Django Unchained | トップページ | 【NEWS】サミュエル・ジャクソンが「ロボコップ」に出演 »

NEWS」カテゴリの記事

【新感覚アクション】」カテゴリの記事