« 【NEWS】ノアの方舟にエマ・ワトソン交渉入り | トップページ | 【NEWS】アビー・コーニッシュが「ロボコップ」に参加か »

2012/06/08

【NEWS】キングのITをキャリー・フクナガが監督

Imagesca815982 昨年、時代を超越した卓越したまなざしで『ジェーン・エア』を装いも新たに生まれ変わらせたキャリー・ジョージ・フクナガ。次の動向がいま最も注目されるこの新鋭が、なんとスティーヴン・キング原作「IT<イット>」の映画版を監督することになった。しかも前後篇の2作として。

米ハリウッド・リポーターによると、キャリー・フクナガは本作の監督のみならず共同で脚本執筆も手掛けるという。プロデューサー・チームにはロイ・リーやダン・リンとともに作家&脚本家として知られるセス・グレアム・スミスとデイヴィッド・カッツェンバーグらによるカッツスミス・プロダクションも参加。

1986年に出版された「IT」はキング作品における最巨編のひとつとしても知られる。物語の始まりは仲良し集団がピエロの姿をした“ペニーワイズ”の存在を知った幼少期に遡る。他には決して姿を見せず子供たちを恐怖のどん底に引きずり込むこの奇怪な生き物。彼がふたたび現代に現れたとき、今ではすっかりおとなになったあの頃のメンバーが久々に再会を果たすことに。しかし彼らにはあの幼少期、どうやってペニーワイズを撃退したのか、その記憶がすっかり失われていた―。

Tim 1990年にはケーブル局ABCにてテレビシリーズとして映像化されており、このときには『ロッキー・ホラー・ショー』等で知られるティム・カリーがペニーワイズを演じて視聴者を恐怖に震えあがらせた。この映画化権は2009年にワーナーブラザーズによって取得されており、その後、長らく映画化の可能性が探られていた。

今回ワーナーの大抜擢を受けたキャリー・ジョージ・フクナガ監督は、2009年に初長編監督作『闇の列車、光の旅』、そして『ジェーン・エア』の高評価に続いて全米ケーブル局HBOにてウディ・ハレルソン&マシュー・マコノヒー主演の刑事ドラマ"True Ditective"を手掛けることが決まっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ノアの方舟にエマ・ワトソン交渉入り | トップページ | 【NEWS】アビー・コーニッシュが「ロボコップ」に参加か »

NEWS」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事