« 【NEWS】スタローンとデ・ニーロがリングで対決? | トップページ | 【NEWS】FOXが新作公開時期を続々発表 »

2012/06/01

【NEWS】マシュー・ヴォーンが新作小説の映画化権を獲得

Matthew Deadlineによると、『キック・アス』や『X-MEN ファースト・ジェネレーション』で知られるマシュー・ヴォーン監督が、来年出版予定のマックス・バリーによる新作小説"Lexicon"の映画化権を自費にて取得したそうだ。この先ヴォーンが自ら脚色し、また自ら監督する予定。

本作は“言葉”を武器として巧みに操る世界的秘密組織が古より暗躍する中で、ひとりの傑出した才能を持つ女性メンバーが規則を破り、なおかつ恋に落ちてしまうというストーリー。

出版前のこの原稿コピーを著者バリーのエージェントがヴォーン監督だけに送付し、彼が大いに気に入ってくれたため、とんとん拍子で交渉がまとまったようだ。

マシュー・ヴォーンは現在、来年初頭にはじまる『X-MEN ファースト・ジェネレーション』続編の撮影に向けてプリ・プロダクション中。同時進行で展開する『キック・アス2』にはプロデューサーとして関り、脚本を手掛けるジェフ・ワドローが監督を務める。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】スタローンとデ・ニーロがリングで対決? | トップページ | 【NEWS】FOXが新作公開時期を続々発表 »

NEWS」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事