« 【NEWS】「ノアの方舟」にジェニファー・コネリー交渉入り | トップページ | 【NEWS】映画興収EU諸国で格差拡大 »

2012/06/19

【NEWS】サム・メンデスが舞台「チョコレート工場」を演出

Imagesca5np3om 映画監督であり舞台演出家でもあるサム・メンデスが、新たにロンドンのブロードウェイことウェストエンドにて上演されるロアルド・ダール原作"Charlie and the Chocolate Factory"のミュージカル舞台を手掛けることが発表された。同作は2013年6月23日にロンドン・パラディウムにてワールド・プレミアを迎える予定。

最近では2005年にジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督により映画化された本作は、貧しい家庭に育った少年チャーリーがチョコレートの当たりくじを手にし、工場主ウィリー・ウォンカの案内のもと、夢と不思議がふんだんに詰まったチョコレート工場を見学することになる物語。

Imagescaqoug91 今回のミュージカル版で誰が主演を担うかはまだ明らかになっていない。ワーナーブラザーズがケヴィン・マコーミック、ニール・ストリート・プロダクションと共に製作をバックアップ。ミュージカル「ヘアー・スプレー」のマーク・シャイマンとスコット・ウィットマンが楽曲を手掛けるほか、スコットランド人劇作家デイヴィッド・グレイグが脚色を、"Mathida"でオリヴィエ賞を受賞したピート・ダーリングが振り付けを担当する。

ちなみに会場となるロンドン・パラディウムは007シリーズと同じイアン・フレミングによる原作をベースにしたミュージカル版「チキ・チキ・バン・バン」を上演した場所としても名高い。この原作が1968年に映画化された折には「チョコレート工場」のロアルド・ダールも脚本家として参加。それでもって今回新たにミュージカル版「チョコレート工場」の演出家に決まったサム・メンデスは今年の後半に公開される007最新作『スカイフォール』の監督を担当。これにより人物と作品と会場をめぐる不思議な三角関係が出来上がったことになる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】「ノアの方舟」にジェニファー・コネリー交渉入り | トップページ | 【NEWS】映画興収EU諸国で格差拡大 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事