« 【レビュー】アメイジング・スパイダーマン | トップページ | 【予告編】Robot and Frank »

2012/06/25

【興行】北米興収TOP10 Jun22-24

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Jun.22-24 weekend 推計

01 Brave $66.7M
02 Madagascar 3 $20.2M
03 Abraham Lincoln: Vampire Hunter $16.5M

04 Prometheus $10.0M
05 Rock of Ages $8.0M
06 Snow Whiteand the Huntsman $8.0M
07 That's My Boy $7.9M
08 The Avengers $7.04M
09 Men in Black 3 $5.6M
10 Seeking a Friend for the End of the World $3.8M

■"Brave"ことディズニー&ピクサーの『メリダとおそろしの森』が大ヒット始動。危なげない稼働で1位を獲得した。観客の57パーセントが25歳以下、また43パーセントが25歳以上。男女比では女性が若干多い57パーセント。つまりは幅広い観客層に訴求力を持つ動員が実現している様子だ。製作費は1億8500万ドル。ちなみにディズニーの戦略なのか、邦題からジブリ映画っぽい印象を受けるのは僕だけだろうか。

■V3の夢破れた『マダガスカル3』は2位へランクダウン。累計興収は1億5757万ドル。製作費は1億4500万ドル。

■3位には初登場『リンカーン/秘密の書』。リンカーンとは言っても伝記ではなく、こちらのキャラクターは昼間は大統領、夜はヴァンパイア・ハンターという特殊な二本のわらじを履いた人物。アメリカではR指定での公開となった。製作費6900万ドルながらオープニング3日間でわずか興収1650万ドルにしか満たなかった。『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフが監督を務め、ティム・バートンが共同でプロデュース、『ダーク・シャドウ』のセス・グレアム・スミスが原作、脚本を手掛けている。

■4位のリドリー・スコットのSF巨編『プロメテウス』は3週目にして興収1億ドルを突破。現在までの累計興収1億854万ドルはスコット作品の中で歴代5位の数字。製作費は1億3千万ドル。

cf.スコット作品の米累計興収ランキング
1:グラディエーター(1億8770万ドル)、2:ハンニバル(1億6500万ドル)、3:アメリカン・ギャングスター(1億3000万ドル)、4:ブラックホーク・ダウン(1億864万ドル)、5:プロメテウス(1億854万ドル)

■ロック・ミュージカル映画『ロック・オブ・エイジズ』は2週目にして下落率が44.6パーセント。やや下げ止まりが働いた形か。累計興収は2876万ドル。製作費は7500万ドル。4週目のスノーホワイト』は6位に。累計興収は1億3710万ドル。製作費は1億7000万ドル。

■8位の『アベンジャーズ』は8週目にして累計興収が5億9800万ドルと6億ドル突破目前。アメリカの歴代興収ランキング2位の『タイタニック』が6億5867万ドルなのだが、果たしてこれを越えることはできるのだろうか?

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】アメイジング・スパイダーマン | トップページ | 【予告編】Robot and Frank »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事