« 【画像】007のメカニック担当Q登場 | トップページ | 【予告編】Oz the Great and Powerful »

2012/07/13

【NEWS】有名ミュージカルが続々映画化へ

Wicked ユニバーサルが人気ミュージカル"Wicked"の映画化を進めている。今のところ監督として『リトル・ダンサー』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリーを起用したい構えで、ダルドリーも前向きに検討中とのこと。これが決まれば他の名だたる候補者(J.J.エイブラムス、ジェームズ・マンゴールド、ライアン・マーフィ、ロブ・マーシャル)らを差し置いての就任となる。

劇団四季ミュージカルでもお馴染みの同作は、「オズの魔法使い」の前日譚として書かれたグレゴリー・マグワイアによるファンタジー小説が原作。南の良い魔女グリンダと西の悪い魔女エルファバとの友情秘話を描いている。同作はミュージカル化以前にも映画化の道が模索されていたことがあるのだが、その時は実らず、結局のところブロードウェイで大ヒットを遂げてから再び映画化の道へと舞い戻ってくることとなった。なお、ミュージカル舞台も今回の映画版とおなじユニバーサルが手掛けている。

なお、本作は現在ディズニーでサム・ライミ監督が制作中の"Oz the Great and Powerful"とは全くの別物なので注意が必要だ。

Jersey 一方、『アイアンマン』でお馴染みのジョン・ファヴロウは、同じく人気ブロードウェイ・ミュージカル"Jersey Boys"の映画化の監督として交渉入りしているそうだ。これが決まれば、ファヴロウにとって『カウボーイ&エイリアン』以来の新作決定となる(彼がディズニーで企画中の"Magic Kingdom"はもう少し時間がかかりそうだ)。同作はGKフィルムズが製作を務める。

トニー賞受賞の本作は1960年代に活躍したポップグルーズ「ザ・フォーシーズンズ」の影に隠された友情物語をベースにしたもの。ABBAの名曲を散りばめた『マンマ・ミーア!』と同様、"Big Girl Don't Cry"や"Walk Like A Men"といったフォージーズンズの名曲群で綴る趣向が懐かしさを加速させ、幅広い層に人気を呼んでいる。ファヴロウの名前は前々より監督候補として挙がっていたが、正式な交渉入りが伝えられるのは今回が初めて。なお、この映画版の脚本は『ヒューゴの不思議な発明』や『グラディエーター』などで知られるジョン・ローガンが担当している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【画像】007のメカニック担当Q登場 | トップページ | 【予告編】Oz the Great and Powerful »

NEWS」カテゴリの記事

【音楽×映画】」カテゴリの記事