« 英国でもダークナイトが初日を迎えました | トップページ | フロイト博物館 Freud Museum London »

2012/07/24

【興行】北米週末TOP10 Jul.20-22

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Jul.20-22 weekend 確定

01 The Dark Knight Rises $160.9M
02 Ice Age:Continental Draft $20.4M
03 The Amazing Spider Man $10.9M
 
04 Ted $10.0M
05 Brave $6.0M
06 Magic Mike $4.3M
07 Savages $3.4M
08 Madea's Witness Protection $2.3M
09 Moonrise Kingdom $1.8M
10 To Rome with Love $1.4M

【7.24 10:30 更新】
コロラド州の映画館で発生した銃乱射事件の影響を受けて、公表が差し控えられてきた北米週末興収だが、丸1日半の沈黙を経て現地時間の月曜日の午後2時頃にようやく明らかとなった。これまで伝えられていた通り、『ダークナイト・ライジング』は1億6090万ドルという2Dのオープニング成績としては歴代最高値を記録して首位スタート。これに海外での8800万ドルを加えて、世界興収は現時点で2億4900万ドルに達している。

【7.23 23:00 執筆】
通常であれば日本時間の月曜未明には公表される北米興収の推計値だが、今回はコロラド州で発生した『ダークナイト・ライジング』上映劇場での銃乱射事件の犠牲者とその家族に哀悼の意を表してソニー、フォックス、ディズニー、パラマウント、ワーナーの各社は現時点に至るまで数字の公表を見合わせている。

しかしながら関係者によってその大まかな推計興収はすでに明らかになっており、結局のところ『ダークナイト・ライジング』の金~日の北米興収は1億6000万ドルほどになる見込み。これは2D作品としては『ダークナイト』(2008)の1億5840万ドルを越える歴代最高値。なお、3D映画を含めると『アベンジャーズ』の2億700万ドル、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』の1億6900万ドルに続く史上3位の記録ということになる。本作の製作費は2億5千万ドル。

当初ワーナー・ブラザーズはこの週末だけで同作が1億7000万ドルのラインを突破するものと予測していたが、映画館という聖地が惨劇に見舞われてしまったことを受けて広告展開を大幅に縮小、更には全国の劇場に余波が広がらないよう取り締りを強化したことなどによって推計は下方修正されている。

『ダークナイト・ライジング』の初登場1位はゆるぎないものとして、2位の『アイスエイジ4』は先週比56パーセント落ちの2040万ドルを稼ぎ出している。10日間の累計興収は8880万ドル。3位には『アメイジング・スパイーダーマン』、4位には"Ted"が、5位には『メリダとおそろしの森』が落ちついている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 英国でもダークナイトが初日を迎えました | トップページ | フロイト博物館 Freud Museum London »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事