« 【NEWS】ジャック・ライアン新作のヒロイン役にキーラ・ナイトレー | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 Aug10-12 »

2012/08/12

【NEWS】オリンピック閉会式は史上最強のアフターパーティー

ロンドン・オリンピックも最終日を迎えた。スタートラインで合図を待つ男子マラソン選手たちの気持ちを察することなく、世間の関心は早くも閉会式へと集中している。16日間の戦いの日々に幕を下ろすこのひととき。ダニー・ボイルによる開会式も豪華版として彩られたが、果たしてその締めくくりの祝祭はどのような演出を身にまとって現れるのだろうか。

聴こえてくる合言葉は"Symphony of British Music"。あるいは「史上最高のアフター・パーティー」。テイク・ザットなどのスタジアム・ツアーを手掛けて脚光を浴びたキム・ギャビンが演出を手掛ける。ギャビンは「メインはあくまでオリンピックであり、スポーツ。この閉会式はそのメインの次に来るアフター・パーティーといえるだろう。とてつもなくバラエティに富んでいて、なおかつ心の底から楽しめるものにしたい」と語っている。

その序盤は『インデペンデンス・デイ』や『007』シリーズ、「シャーロック」などでも知られる作曲家デイヴィッド・アーノルドを音楽監督に迎え、彼の手掛けたオリジナル・スコアをはじめ、ザ・フー、レイ・デイビーズ、ジョージ・マイケル、ミューズ、エド・シーラン、ジェシーJ、ペット・ショップ・ボーイズ、アニー・レノックス、ファットボーイ・スリムらを迎えての30の楽曲から成る音の洪水が巻き起こるそうだが、まだまだこれらの出演陣は確定ではないようだ。またスパイス・ガールズがロンドンタクシーに乗って登場するとも言われている。また出演アーティストが必ずしも自身の曲を歌うとは限らないとのこと。他にもローリング・ストーンズがサプライズ出演するのでは?という声も聴こえてくる。参加する出演者はボランティアを含めて4100人。

またピックアップされるのは音楽だけでなく、コメディやファッションなどもフィーチャーされるのだとか。ケイト・モスやニコラス・リンドハースト、デイヴィッド・ジェイソンが登場し、ラッセル・ブランド、そしてクイーンのブライアン・メイやロジャー・テイラーといった面々も登場するという噂も。そしてモンティ・パイソンのエリック・アイドルが名曲"Always Look on the Bright Side of Life"を歌い上げるとも言われている。

もちろん2016年のリオ大会による8分間のパフォーマンスも行われる。きっと狂騒的なサンバのリズムに満ち溢れた演出になることは想像に難くなく、そうしているうちにオリンピック・フラッグはロンドン市長からリオ市長の手に渡されていくことだろう。

だが忘れてはならない。これほどの豪華な祝祭に身を捧げた後も、まだまだロンドンの熱気はさめやらない。引き続き開催されるロンドン・パラリンピックの会期は29日から9月9日まで。こちらのゲーム、そしてオープニング&クロージングにも注目したいところだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ジャック・ライアン新作のヒロイン役にキーラ・ナイトレー | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 Aug10-12 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事