« 【NEWS】オリンピック閉会式は史上最強のアフターパーティー | トップページ | 【NEWS】テリー・ギリアム最新作が始動 »

2012/08/13

【興行】北米週末TOP10 Aug10-12

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.10-12 weekend 推計

01 The Bourne Legacy $40.26M
02 The Campaign $27.4M
03 The Dark Knight Rises $19.5M

04 Hope Springs $15.6M
05 Diary of a Wimpy Kid: Dog Days $8.2M
06 Total Recall $8.1M
07 Ice Age: Continental Drift $6.7M
08 Ted $3.3M
09 Step Up Revolution $2.85M
10 The Watch $2.2M

■これまでマット・デイモン主演でシリーズを重ねてきた“ジェイソン・ボーン”シリーズが新たにジェレミー・レナーを“もうひとりの主人公”に据え再フランチャイズ化に打って出た。その『ボーン・レガシー』が週末興収4030万ドルを売り上げ、『ダークナイト・ライジング』を下しての初登場1位を取得。興収規模としては前作に及ばないものの、大胆な試みは一応の成功を収めたと見ていいだろう。

Thebournelegacy
cf.『ボーン・アイデンティティ』オープニング興収2712万ドル/最終興収1億2166万ドル、『ボーン・スプレマシー』5250万ドル/1億7624万ドル、『ボーン・アルティメイタム』6920万ドル/2億2747万ドル

監督は前3部作に脚本家として参加したトニー・ギルロイ(彼は『フィクサー』や『デュプリシティ』といった監督作も持つ)。製作陣は今後ふたたびマット・デイモン演じるジェイソン・ボーンをシリーズに合流させ『アベンジャーズ』にも似た同時多発的な世界観を創り上げていきたい構えだが、さて今回の再始動を受けてマット・デイモンはどのような反応を寄せるだろうか。

なお『ボーン・レガシー』の製作費は1億2500万ドル。観客の52パーセントが男性客で、69パーセントが30代以上だった。

Imagesca6p0ntw ■2位には『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズなどを手掛けるジェイ・ローチ監督の新作"The Campaign"。主演はウィル・フェレルとザック・ガリファナキス。ノースカロライナ州の上院議員の座をめぐって激しい選挙戦を繰り広げる候補者たちの物語。観客の64パーセントが25歳以上。製作費は6000万ドル。

■4週目を迎えた『ダークナイト・ライジング』は3位に転落。現時点での国内の累計興収を3億9010万ドルとした。『アバター』(7億6000万ドル)を頂点とする米歴代興収ランキングでは今のところ15位にまで浮上している。

■メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・カレル共演の"Hope Springs"は通常よりも2日早い水曜日に封切られ日曜日までの5日間で2010万ドルを稼ぎ出した。

Imghopesprings_175436233554_jpg_art
ストリープにとっては『プラダを着た悪魔』以来となるデイヴィッド・フランケル監督とのコラボ作である。観客の65パーセントが女性、70パーセント近くが40歳以上。

■2週目のトータル・リコール』は先週末比68パーセント減で6位にまで堕ちた。累計興収は4419万ドルほど。製作費は1億2500万ドルと言われている。


記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】オリンピック閉会式は史上最強のアフターパーティー | トップページ | 【NEWS】テリー・ギリアム最新作が始動 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事