« 【NEWS】バリモア監督作さらに一作追加 | トップページ | 【予告編】Zero Dark Thirty »

2012/08/06

【興行】北米週末TOP10 Aug03-05

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.03-05 weekend 推計

01 The Dark Knight Rises $36.4M
02 Total Recall $26.0M
03 Diary of a Wimpy Kid: Dog Days $14.7M

04 Ice Age: Continental Drift $8.4M
05 The Watch $6.35M
06 Ted $5.48M
07 Step Up Revolution $5.3M
08 The Amazing Spider-Man $4.3M
09 Brave $2.9M
10 Magic Mike $1.38M

Dark ■コロラド州オーロラで起こった銃乱射事件の余波、そしてロンドン・オリンピックのテレビ中継によってアメリカでは劇場観客数が減少している。国内のチケットセールスは昨年の同時期(『猿の惑星/創世記』が封切られた)に比べて25パーセントもダウンしているとか。

そんな中で今週も『ダークナイト・ライジング』の連覇が続いた。同作は週末3日間で先週末よりも40パーセント減となる3640万ドルを売り上げ、累計興収はすでに3億5千万ドルのラインを越えている。これは『アベンジャーズ』の10日間、『ダークナイト』の14日間に次いで3番目となる速さである。

■さて2番手にはフィリップ・K・ディック原作のトータル・リコール』が登場した。1990年に公開されたポール・バーホーベン監督作のリメイクである。

Totalrecall
監督を務めるのは『ダイハード4.0』のレン・ワイズマン。今回は前作のシュワルツェネッガーに代わってコリン・ファレルが主役を演じる。興収は2600万ドルとやや控えめなパフォーマンス。観客別にみると58パーセントが男性、そして53パーセントが30歳以上となっているようだ。製作費は1億2500万ドル。ちなみにオリジナル作の公開時のオープニング興収は2550万ドルだった。

Wimpy_kid ■3位には"Diary of Wimpy Kid3"(グレッグのダメ日記)がランクイン。これまでは春休みムービーとして堅実な興収(両作品ともに2200万ドル以上)を叩き出してきた同シリーズだが、今回は装いも新たにファミリー向け夏ムービーとして登場。オープニング興収は1470万ドル。グッと控え目な数字になってしまった。観客層別に見ると女性客が58パーセント、25歳以下が62パーセントに昇るそうだ。

■4位の『アイスエイジ4』は累計興収を1億3190万ドルとした。いずれも最終興収で2億ドル目前まで迫った前3作の偉業にどれだけ挑むことができるだろうか。

■5位には公開2週目となるベン・スティラー主演のR指定SFコメディ"The Watch"。先週末に比べ50パーセント減という数字は可もなく不可もなくといった感じだ。10日間の累計興収は2540万ドル。

■公開6週目の"Ted"はついに累計興収が2億ドルを突破した。また"Step Up 4"は公開週末よりも55パーセント減。10日間の累計興収を2310万ドルとした。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】バリモア監督作さらに一作追加 | トップページ | 【予告編】Zero Dark Thirty »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事