« 【興行】北米週末TOP10 AUG24-26 | トップページ | 【NEWS】ライアン・ゴズリングが監督デビュー »

2012/08/30

【NEWS】ロボコップ悪役にマイケル・キートン

「Dr.HOUSE」でお馴染みのヒュー・ローリーがドロップアウトしたことで「ちゃんと機能しているのか?」と不安視されていたリメイク版『ロボ・コップ』プロジェクトだが、この度、ローリーの後釜にマイケル・キートンがキャスティングされることで丸く収まったようだ。キートンはロボコップを開発するオムニ社のCEOを演じる。

本作はTVドラマ"The Killing"などで知られるジョエル・キナーマンをタイトルロールに、そのほかゲイリー・オールドマン、サミュエル・L・ジャクソン、アビー・コーニッシュらがキャスティング済み。ブラジル映画「エリート・スクワッド」のジョゼ・パジーリャ監督によるハリウッド・デビュー作となる。パジーリャはこのキートンの起用について「最後のパズルがようやく揃った」と語っている。

リメイク版『ロボ・コップ』は来月に撮影開始。米劇場公開は2013年8月9日にセッティングされている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【興行】北米週末TOP10 AUG24-26 | トップページ | 【NEWS】ライアン・ゴズリングが監督デビュー »

【Hero】」カテゴリの記事