« 【NEWS】ライアン・ゴズリングが監督デビュー | トップページ | 【予告編】レッドフォード監督作"The Company You Keep" »

2012/08/30

【NEWS】テレンス・マリック新作で有名俳優ら出演シーンが容赦なくカット

ヴェネツィア国際映画祭で日曜日にプレミア上映を迎えるテレンス・マリック監督最新作"To The Wonder"だが、この撮影に参加した複数の有名俳優らの出演シーンがあえなくカットとなっているようだ。それらはわかっているだけでもレイチェル・ワイズ、アマンダ・ピート、マイケル・シーン、バリー・ペッパーなど。彼らの出演シーンはそれほど大きいものではなく、こうした撮影シーンの削ぎ落しはテレンス・マリック映画の現場では「よくあること」なのだという。俳優らもそのリスクを承知の上で、それでもマリックの演出に触れてみたいとして現場を踏んでいたようだ。

本作はベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、オルガ・キュリレンコ、ハビエル・バルデムら4人が織りなすドラマが軸となって展開していく。

カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した『ツリー・オブ・ライフ』以来となるマリックの新作は、ヴェネツィアでどのように受け止められるのだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ライアン・ゴズリングが監督デビュー | トップページ | 【予告編】レッドフォード監督作"The Company You Keep" »

NEWS」カテゴリの記事