« 【NEWS】東京国際映画祭オープニング作品決定 | トップページ | 【NEWS】フォックス版「フランケンシュタイン」にポール・マクギガン交渉入り »

2012/09/06

【NEWS】デヴィッド・スレードが"Matched"交渉入り

ディズニーはアリー・コンディ著のヤングアダルト小説"Matched"(翻訳版「カッシアの物語」)の映画化に伴い『30デイズ・オブ・ナイト』や『トワイライト・サーガ/エクリプス』のデヴィッド・スレードを監督に据えるべく交渉に入っているようだ。すべての運命が定められた未来、自らの手で選択することを知らない17歳のヒロインは、偶然にもひとりの青年と出会い、恋に落ちてしまうのだが―。"Matched"は後に"Crossed"、"Reached"(11月に発刊)と続いていく3部作の1作目にあたる。「トワイライト」シリーズのファンとターゲット層がかぶることは想像に難くなく、スタジオ側としてはデイヴィッド・スレードならば『エクリプス』の監督としての実績もあることから、その名前で観客への訴求力を発揮することができるとの打算が働いているのかもしれない。

スレイドは最近では『羊たちの沈黙』などで知られる“ハンニバル・レクター”シリーズをテレビドラマ版に移行した"Hannibal"のパイロット版の監督を担当。また一時期は『デア・デビル』を再始動版を監督するという話も浮上していたのだが、こちらは折り合いがつかずに頓挫している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】東京国際映画祭オープニング作品決定 | トップページ | 【NEWS】フォックス版「フランケンシュタイン」にポール・マクギガン交渉入り »