« 【NEWS】大草原の小さな家が映画化へ | トップページ | 【NEWS】ギリアム新作のキャストが続々決定 »

2012/10/02

【NEWS】『猿』続編監督にマット・リーヴス

Reeves 昨年思いがけない大ヒットを記録した『猿の惑星/創世記』のさらなる続編にあたる"Dawn of the Planet of the Apes"の監督に『クローバーフィールド』や『モールス』で知られるマット・リーヴスが決まったようだ。

時系列的に整理しておこう。20世紀フォックスがすでに2014年5月23日という公開日を据えて調整を進めているこの"Dawn~"だが、当初は前作『創世記』の立役者たるルパート・ワイアット監督が続投する予定だった。しかしつい先日になって彼はスケジュールの都合でこれを降板。すぐさまフォックスはこれに代わる才能をリストアップし熟考を重ねてきた。そこに昇ったのはほかにも『アリス・クリードの失踪』のJ.ブレイクソン、『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、『テイク・シェルター』のジェフ・ニコルズなどなど。

最終的にこの中で勝ち残ったのはマット・リーヴスだった。彼に関しては数日前にもワーナーブラザーズ製作のもとで監督する予定だった"Twilight Zone"を降板したこともあり、もしかするとこの前後で何らかのアプローチがあったのかもしれない。

これまで順調なキャリアを築いてきたリーヴスが映画史の金字塔たる『猿』クロニクルをどのような方向性に導いていくのか期待したいところだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】大草原の小さな家が映画化へ | トップページ | 【NEWS】ギリアム新作のキャストが続々決定 »

NEWS」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事