« 【予告編】World War Z | トップページ | 【NEWS】マーク・ウォルバーグがトランスフォーマー4に出演 »

2012/11/09

【NEWS】マイケル・アーントがSW脚本執筆か?

Arndt ディズニーがルーカス・フィルムの買収を発表し、それと同時に『スター・ウォーズ』新3部作の製作構想を明らかにしたのは先月30日のこと。その後、事態は着々と動いている。ニューヨーク・マガジンの映画ブログ"Vulture"は2015年公開予定の『スター・ウォーズ エピソード7』の脚本家候補として『リトル・ミス・サンシャイン』や『トイ・ストーリー3』の巧みな筆致でお馴染みのマイケル・アーントが有力候補であると報じている。

アーントはすでに40ページから50ページに及ぶ"treatment"(シノプシスよりも長めにディテールが書き込まれたもの)を執筆しており、ルーカス・フィルム買収発表の際にディズニーのボブ・アイガー会長が「すでに詳細に書き込まれたトリートメントを手にしており、とても気に入っている」と言及していたものがこれにあたると見られている。このトリートメント仕事を手掛けたアーントが新3部作の脚本家陣に参加する可能性は濃厚と見ていいだろう。(追記:アーントは「7」のみならず新3部作全体のトリートメントを執筆したとのこと)

またVultureの同記事は「SW7」の監督候補としてスティーヴン・スピルバーグ、J.J.エイブラムス、ブラッド・バードといった名前を挙げており、これまで噂に挙がっているマシュー・ヴォーンらと併せても、ディズニー&ルーカスフィルムがある程度の知名度と幅広い世代に知られた代表作を持つ大物監督を起用しようとしていることは明らかだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【予告編】World War Z | トップページ | 【NEWS】マーク・ウォルバーグがトランスフォーマー4に出演 »

NEWS」カテゴリの記事