« 【NEWS】ジェームズ・マカヴォイが“ジュリアン・アサンジ”映画に交渉入り | トップページ | 【NEWS】スピルバーグ新作SFにアン・ハサウェイ出演 »

2012/11/12

【興行】北米週末TOP10 Nov09-11

ついに封切りを迎えた伝統シリーズ最新作が期待以上のスパークを見せ、ランク外では米史上最大のアイコンにカメラを向けた伝記映画が限定公開ながら好調な出だし。大統領選後初となる米興行成績を見ていきましょう。

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Nov.09-11 weekend 推計

01 Skyfall $87.8M
02 Wreck-It Ralph $33.0M
03 Flight $15.1M
 
04 Argo $6.75M
05 Taken2 $4.0M
06 Here Comes the Boom $2.55M
07 Cloud Atlas $2.52M
08 Pitch Perfect $2.5M
09 The Man with the Iron Fists $2.49M
10 Hotel Transylvania $2.35M

■ついにアメリカでも007 スカイフォール』が封切りを迎えた。

Skyfall007
すでに世界でも大ヒットを記録している本作だが、シリーズ誕生50周年を祝福するかのように米興収もシリーズ歴代最高の出だし(推計8760万ドル)を達成。木曜日に一足早く封切られたIMAX特別仕様版の興収を合わせると累計は9000万ドルとなる。観客層は6割が男性客で、75パーセントが25歳以上とのこと。ややアクションに特化したタイトな作りだった前作に比べて年配層の動員が急激に上がっているのも顕著だ。

SkyfallMGMの財政再建などを経て前作から随分と完成の待たされた『スカイフォール』は、『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス演出をはじめ、クレイグとジュディ・デンチ、そのほか個性豊かなキャラクターたちとのコラボレーションの成熟度もさすが。

ロンドン・オリンピックの開会式ではエリザベス女王をエスコートする姿が世界何十億もの視聴者に届けらるなど、PRの面でもこれ以上ない手法を駆使してきた本作だが、この興収結果、まさに伝統シリーズの面目躍如といったところか。

参考:『慰めの報酬』(オープニング興収6750万ドル/累計興収1億6830万ドル)、『カジノロワイヤル』(op4080万ドル、累計1億6745万ドル)、『ダイ・アナザー・デイ』(op4700万ドル、累計1億6094万ドル)、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』(op3552万ドル、累計1億2694万ドル)、『トゥモロー・ネバー・ダイ』(op3552万ドル、累計1億2694万ドル)、『ゴールデン・アイ』(op2600万ドル、累計1億643万ドル)

Ralph ■先週の覇者"Wreck It Ralph"(邦題『シュガー・ラッシュ』日本では3月公開)は先週末に比べて33パーセントの興収減。10日間の累計興収は9370万ドル。

■ロバート・ゼメキス監督の実写映画"Flight"は3位へランクダウン。しかし下落率も先週末比40パーセント程度と下げ止まりが働いており、この好調ぶりを鑑みてか上映館数もプラスに転じている。製作費3100万ドルのところ、累計興収はすでに4777万ドルに達している。

■4位の『アルゴ』は累計を8500万ドルとした。製作費は4500万ドル。5位の"Taken 2"(邦題『96時間 リベンジ』)は累計1億3130万ドル。これも製作費は4500万ドル級で、つまりは大人の観客をターゲットにしたハリウッドの骨太映画は今やこの3000万ドル~5000万ドルという製作規模にて堅実なヒットを目指していることが伺える。

Imagescanqvud2 ■ちなみに今週の興行成績ウォッチにて『スカイフォール』と並んで注目すべきはランク外15位に初登場したスティーヴン・スピルバーグ監督作"Lincoln"だろう。オスカーシーズンを視野に入れて全米11館にて封切られた本作は、さすが米史上最高のアイコンを主人公に据えているだけあり1館あたりのアベレージが8万ドルを越える猛スタートぶりを見せつけている。今週末には1500館規模に拡大され、いよいよ審判の時を仰ぐことに。はたして大統領選を終えたばかりの米国民はスピルバーグの描くリンカーン像に未来へ繋がる希望を見出せるだろうか。製作費は6500万ドル。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】ジェームズ・マカヴォイが“ジュリアン・アサンジ”映画に交渉入り | トップページ | 【NEWS】スピルバーグ新作SFにアン・ハサウェイ出演 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事