« 【NEWS】Man of Steelは3D版も公開 | トップページ | 【予告編】World War Z »

2012/11/08

【NEWS】デヴィッド・イェーツ監督、次回作はターザン

Tarzan 『ハリー・ポッター』の卒業生は何も若手俳優ばかりではなかった。シリーズを4作品連続で監督したデヴィッド・イェーツ監督もこの学び舎を卒業して次なる大海へ挑もうとしてる一人。他の若手俳優同様に次回作について慎重すぎるくらいに慎重に検討を続けてきたイェーツ監督だが、ニューヨークマガジンの映画ブログ"Vulture"によると、ここにきてようやくそのターゲットを「ターザン」に定めたようだ。

本作はエドガー・ライス・バローズによる同名小説をベースにし、"Jack Ryan"のアダム・コザードが脚色を手掛けている。イェーツ監督はすでに何人かの俳優陣と直接会って主人公を誰にするか熟考中とのこと。その面々としてはヘンリー・カヴィル、チャーリー・ハナム、アレクサンダー・スカースガード、トム・ハーディらが挙がっている。この中からターザン役が決まるのかどうか、注目したいところ。

ちなみにエドガー・ライス・バローズと言えば「ターザン」以外にも数々のSF名作の作者として知られるが、中でも「火星のプリンス」をベースにした超大作映画『ジョン・カーター』は記録的不発となりディズニーに深刻なダメージを与えたことでも記憶に新しい。古典SFを現代の観客に向けてスクリーンに定着させるには強靭なビジョンと演出力が必要となる。イェーツにそのハードルが越えられるのか非常に楽しみだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】Man of Steelは3D版も公開 | トップページ | 【予告編】World War Z »

NEWS」カテゴリの記事