« 【NEWS】クルーニー監督作にマット・デイモンも仲間入り | トップページ | 【NEWS】デップが現代版ドンキホーテをプロデュース »

2012/12/06

【NEWS】ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

ナショナル・ボード・オブ・レビューの各賞が発表され、先日のニューヨーク映画批評家協会賞に続きキャスリン・ビグロー監督による『ゼロ・ダーク・サーティ』が作品賞を勝ちとった。まだまだ賞レースは始まったばかりだが、果たしてこの先、ビグローにとって『ハートロッカー』に続くオスカー受賞への道が開けて行くのかどうか注目したいところだ。そして監督賞に関してもニューヨーク批評家協会賞と同じくビグローが受賞。そしてジェシカ・チャステインが主演女優賞を受賞している。同作はネイビーシールズによるオサマビンラディンの追跡計画を描いたもので、ビンラディンの殺害のニュースを受けた後に急遽内容を変え、その最期の瞬間までをも盛り込んだ作品へと方向転換を遂げたことでも話題を呼んだ。そして大統領選の時期においては共和党陣営から政府に対して「この映画の製作にあたって、重大な秘密漏洩が行われているのではないか」と調査を求める声も上がっていたほど内外を騒がせている作品でもある(製作者らはこの疑いについてはっきりと否定している)。米公開は今月の19日。

他部門にも触れておこう。デヴィッド・O・ラッセル監督作 Silver Linings Playbookからはブラッドリー・クーパーが主演男優賞、またラッセル監督自身が脚色賞を獲得。クエンティン・タランティーノ監督作Django Unchainedからは人生初の悪役に挑んだレオナルド・ディカプリオが助演男優賞に輝き、助演女優賞にはこれまであまり評判が聞こえてこなかったComplianceのアン・ドウドが選出されている。

オリジナル脚本賞には『LOOPER』のライアン・ジョンソン(監督/脚本)、長編アニメーション作品賞にはディズニーのWreck It Ralph、映画製作における目覚しい達成を讃えて贈られるSpecial Achielement in Filmmakingにはベン・アフレック監督作『アルゴ』が輝き、外国語映画賞にはミヒャエル・ハネケ監督作『アムール』、新人男優賞にはThe Impossibleのトム・ホランド、新人女優賞にはBeasts of the Southern Wildのクヴェンザネ・ワリス、新人監督賞にも〜Beastsのベン・ザイトリンが選ばれた。

なお、同賞では「今年のトップ・フィルムズ」と称して優秀作品10本も発表されている。リスト入りした作品はこちら。Argo, Beasts of the Southern Wild, Django Unchained, Les Miserables, Lincoln, Looper,The Perks of Being Wallflower,  Promised Land,  Silver Lining Playbook


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【NEWS】クルーニー監督作にマット・デイモンも仲間入り | トップページ | 【NEWS】デップが現代版ドンキホーテをプロデュース »

awards」カテゴリの記事