« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/28

【興行】北米週末TOP10 Jan25-27

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Jan.25-27 weekend 推計

01 Hansel and Gretel: Witch Hunters  $19.0M
02 Mama  $12.8M
03 Silver Linings Playbook  $10.0M

04 Zero Dark Thirty  $9.8M
05 Parker $7.0M
06 Django Unchained  $5.0M
07 Movie 43 $5.0M
08 Gangster Squad $4.2
M
09 Broken City $4.0M
10 Les Miserables  $3.9M

Hanselgretelwitchhunters

■昨年の上半期には完成していたにも関わらず、スタジオ首脳陣による「2012年にはジェレミー・レナー主演作がいくつか公開されるので、本作はそのあとのタイミングを狙う」との考え方によって数ヶ月間に渡って棚上げされていた"Hansel and Gretel"が遂にお目見え。興行収入ランキング1位を取得。しかしながら、オープニング3日間の興収は1900万ドルとイマイチ伸び悩む結果となった。制作費は5000万ドル強と見られており、米興収だけでこれがカバーできるのか微妙なところだ。本作は幼い頃に悪い魔女から受けたトラウマがもとで今や魔女狩り専門のバウンティ・ハンターとして成長した兄妹の奮闘を描く。米初日の観客層は55%が男性客、57パーセントが25歳以上、そして興収の内訳として3D上映が占める割合は66%に昇る。

■先週首位だったジェシカ・チャステイン主演作"Mama"は2位へ。やや上映館をプラスしたものの、先週に比べてマイナス55%の興行推移となった。ホラー映画の2週目としてはやや下げ止まりが働いた格好か。制作費1500万ドルに対して、累計興収は4860万ドルに達している。

■"Silver Linings Playbook"は累計6950万ドルに到達。アカデミー賞候補にも名を連ねる効果からか、120館ほど上映館をプラス。この結果、先週比マイナス7%という下げ止まりを実現している。このペースでいくと最終興収1億ドル突破も夢ではないとされている。また同じくオスカー候補作"Zero Dark Thirty"も累計6990万ドル付近にまで高まってきている。

■ジェイソン・ステイサム主演のアクション"Parker"は興収700万ドルで、ランキング5位スタートとなった。一部では絶大な人気を誇るステイサムだが、全米興収という枠で見ると、このあたりの興収ラインが定位置となりつつある。

■クエンティン・タランティーノ監督作"Django Unchained"は6位。制作費1億ドルの本作は、すでに累計興収が1億4630万ドル付近にまで達しており、タランティーノの映画キャリア最高興収を順調に更新中だ。

■7位に初登場のコメディ"Movier 43"はオープニング3日間の興収が500万ドルにしか満たなかった。観客層別に見ると、51%が男性客で、59%が25歳以下とのこと。制作費600万ドルと言われる本作は、既に海外プリ・セールスとネット配信サービスNetflixとの独占契約などで経費をすべてカバーしているとのこと。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/01/23

【レビュー】マリーゴールド・ホテルで会いましょう

The_best_exotic_marigold_hotel
映画.comにて『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のレビューを執筆致しました。ご興味お有りのかたはぜひご覧下さい。

ちなみに、イギリスの映画館でこの作品を観たのが、封切り日の初回上映。いつもは学生の多いその劇場に、おびただしい数のシニア層が大集結している光景に度肝を抜かれました。

チケット売り場で私の前に並んでいたご婦人に人気の秘密を訊いてみると、「だってデイムがふたりも出演してるんですもの!」と息を弾ませながら答えてくれました。ジュディ・デンチとマギー・スミスは男性で言うところの“ナイト”に相当する女性称号の叙勲者。彼らを中心に、トム・ウィルキンソン、ビル・ナイ、ペネロープ・ウィルトン、セリア・イムリー、ロナルド・ピックアップといった言わば英国映画界のドリームチームがズラリ顔を揃える本作に訴求力がないわけがありません。

その蒼々たる顔ぶれが空港のロビーでついにワンフレーム納まるとき、まるで『アベンジャーズ』のヒーローが大集結したかのような高揚に包まれるのは私だけでないはず。『ハリー・ポッター』シリーズが終幕してからというもの、いわゆるイギリス俳優のオールスター映画の空位状態が続いていましたが、まさかこれほどの重鎮ぞろいで攻めてくるとは。本作は米ゴールデン・グローブ賞でも作品賞と主演女優賞にノミネートを果たしています。

イギリスといえばガーデニングと言われるように、この国では庭付きの家がある種の“我が王国”とも言うべき安息の聖域として讃えられていますが、年齢を重ねるにつれてその管理・維持は難しくなり、最終的には子供達が巣立ったその自宅を売却し、その資金を基に一人暮らし介護マンションへと移るというのがひとつの流れとして知られているそうです。

けれど『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の男女7人はそんな聖域の壁をぶち破り、あろうことか老後のひとときをインドで過ごそうとやってきてしまった面々ばかり。イングリッシュティーでホッと一息つく習慣を放棄して、あえてインドの灼熱と喧騒に身をさらすことで、みるみる彼らの生き方が変わっていくのをつぶさに見て取ることができます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/01/21

【興行】北米週末TOP10 Jan18-20

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Jan.18-20 weekend 推計

01 Mama  $28.1M
02 Zero Dark Thirty  $17.6M
03 Silver Linings Playbook  $11.3M

04 Gangster Squad  $9.1M
05 Broken City $9.0M
06 A Haunted House  $8.3M
07 Django Unchained $8.2M
08 Les Miserables $7.8
M
09 The Hobbit $6.4M
10 The Last Stand  $6.3M

■アメリカでは月曜日がMLK、つまりキング牧師記念日でお休み。それゆえボックスオフィス・ニュースを報じる米各メディアは週末3日間でなく、連休4日間の興収結果に焦点を当てようとする向きが多い。しかしながらここは日本なので、あえていつもながらの3日間に絞った定点観測でお伝えすることにしたい。

■今年のアカデミー賞候補も遂に発表され、年末から徐々に上映館を増やしてきた有力作がいよいよその勢いをトップギアに切り替えて最終滑走に挑んでいる。そんな中、今回の週末興行TOP10はまさにチャステイン祭りとなった。まずは首位に現れたのはギレルモ・デル・トロ製作総指揮で贈るスーパーナチュラル映画"Mama"。

Mama_2
本作のチャステインはトレードマークの赤毛のイメージを払拭し、一目では彼女と判別できない人もいるほどだとか。制作費も1500万ドルほどで、かなりのコストパフォーマンスの良さを実証している。

■2位には先週の首位からワンランクダウンの"Zero Dark Thirty"。こちらも言わずもがな、チャステインが主演し、主演女優オスカー候補にも挙がっている作品だ。オサマ・ビンラディンの行方を追いかけて、2時間40分、執念深く点と線をつないでゆく若き女性分析官の気迫がみなぎる作品だ。累計興収は5600万ドルほど。

Zero_dark_thirty

■3位にはこちらもオスカー有力作"Silver Linings Playbook"が一気に上映館を1700館もプラスしてランクアップ。累計興収は5500万ドル。

■タランティーノ監督作"Django Unchained"はややランクを落とし7位へ。すでに『イングロリアス・バスターズ』を超えてタランティーノのキャリア最高興収を更新中である本作は、現在1億3830万ドルにまで達している。

■なお、週末に初登場したマーク・ウォルバーグ&ラッセル・クロウ&キャサリン・ゼタ・ジョーンズ共演作"Broken City"は興収900万ドルにとどまる不発ぶり。更にはシュワルツェネッガー主演作"The Last Stand"はちょっとどうしちゃったの?と皆が不安を抱くほどの低迷ぶりで、興収は630万ドルにとどまっている模様だ。まさか連休だからという理由で興収の集計がストップしているわけではないですよね?

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/01/14

【興行】北米週末TOP10 Jan11-13

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Jan11-13 weekend 推計

01 Zero Dark Thirty  $24.0M
02 A Haunted House  $18.8M
03 Gangster Squad  $16.7M
 
04 Django Unchained  $11.0M
05 Les miserables $10.1M
06 The Hobbit: An unexpected Journey  $9.0M
07 Lincoln $6.3M
08 Parental Guidance $6.1
M
09 Texas Chainsaw 3D $5.1M
10 Silver Linings Playbook  $5.0M

■アカデミー賞候補も発表となり、現地時間の日曜夜にはゴールデングローブ賞授与式も開催。オスカーへと連なる賞レースもいよいよ第3コーナー付近に差し掛かってきた。そんな中で週末興収1位の座を獲得したのは、『ハートロッカー』のキャスリン・ビグロー監督が同作の脚本家マーク・ボールと再び組んで送る『ゼロ・ダーク・サーティ』だ。これまで劇場数を限定して動員を伸ばしてきた本作だが、ここに来ていよいよ全米2900館レベルへと上映拡大。週末3日間で推計興収2400万ドルを稼ぎ出す勢いだという。

今や作品賞オスカー候補の筆頭ともいわれる本作。筆者も年末に試写しましたが、ミニマルに展開した『ハートロッカー』のヒンヤリと冷たい感覚を踏襲しながらも、今回の舞台は“世界”。ジェシカ・チャステイン演じる若き女性分析官が、仲間を失いながらも、CIA局内でも上司と駆け引きを続けながら、ビンラディンを追い詰めていく過程が執念深く描き込まれていきます。静かで淡々とした描写の中に鋭利な刃物を突きつけたかのような緊張感が途切れない作品でした。

Zerodarkthirty_2
『ゼロ・ダーク・サーティ』はアカデミー賞の作品賞や主演女優賞、脚本賞などにノミネート入り(監督候補には入らなかった)。ビンラディン追跡作戦に関してあまりに緻密に詳細を描いていることから共和党陣営から「深刻な機密情報リークが行われたのではないか」と指摘を受けるなど、センセーショナルな盛り上がりにも事欠かない本作ですが、映画製作サイドはあくまでジャーナリストでもあるマーク・ボール(彼はトミー・リー・ジョーンズ主演『告発のとき』のベースとなった雑誌記事、さらには『ハートロッカー』も彼の雑誌記事をベースに発展したもの)が関係者の証言を集めて脚本家したものという従来の立場を崩していない。

なお、本作はミーガン・エリソンという億万長者の父を持つまだ20代のプロデューサーが出資しており、監督のキャスリン・ビグロー、主演チャステインと共に、この作品における「第3の立役者」として注目を集めている。エリソンはポール・トーマス・アンダーソン監督作『ザ・マスター』や"Lawless"といった作家性の高い作品への貢献で知られる他、「ターミネーター」の新作の制作権を保持していることでも知られる。これまで表舞台へ登場することがなく、顔写真などが出回っていない。作品賞オスカー候補となった『ゼロ・ダーク・サーティ』ではオスカー像を手にすることができるプロデューサー3人の内に名前がエントリーされており、壇上に立つ可能性も夢ではなくなっている。

■2位にはコメディ映画"A Haunted house"が初登場。観客の男女比は女性が若干高くて58パーセント。3位には"Gangster Squad"が落ち着いた。先日のオスカー候補発表にまで担ぎ出されていたエマ・ストーンもヒロイン役で出演する本作はライアン・・ゴズリングやショーン・ペンなどがそろい踏みするギャングVS特捜部隊の対決を描く。しかしながら週末3日間で1670万ドルという数字は予想外の低迷ぶり。銃撃事件が多発し、いま銃との共存のあり方が深刻に問われているアメリカだけに、映画もその映し鏡として、この手の作品が伸びにくい状況に陥っているのかもしれない。観客の6割近くが35歳以下で、男女比はほぼ半々に分かれているとのこと。

■4位にはクエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ つながれざる者』。各部門にてオスカー候補入りを果たした本作だが、動員が増すかと思いきや、先週に比べると約45パーセントの下落。現在までの累計興収は1億2540万ドルに達している。ちなみに過去のタランティーノ作では『イングロリアス・バスターズ』の米興収1億2054万ドルがトップ。つまり『ジャンゴ』ではこの記録を更新して、公開3週目にして自身のキャリア最高興収作となっているわけだ。

■こちらも賞レースでの活躍が期待される『レ・ミゼラブル』は累計1億1920万ドル。ピーター・ジャクソン監督作『ホビット』は累計興収2億7800万ドル。さらにスピルバーグ作『リンカーン』はここにきて興収が前週を上回り、累計興収は1億5000万ドルを超えた。

■先週の覇者"Texas Chainsaw 3D"は2週目にして驚異の8ランクダウン。興収の下落率は76パーセントという目覚しい急カーブを描き出して関係者を驚かさせている。

■10位にはこちらも粘りを見せるデイヴィッド・O・ラッセル監督作『世界にひとつのプレイブック』。現在のところ、他のオスカー候補作に比べてだいぶ少ない800館という上映館数で稼働中だが、制作費2000万ドルのところ、累計興収は4000万ドルに達している。ビジネス的には確実な布石を打っているというわけだ。

記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/01/10

【レビュー】アルバート氏の人生

Albert
映画.comにて『アルバート氏の人生』レビューを執筆致しました。お時間おありの方はご覧下さい。

一昨年の東京国際映画祭で最優秀女優賞を獲得し、オスカー戦線においても主演グレン・クローズと『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のメリル・ストリープとの間で壮絶なデッドヒートが繰り広げられたこの作品、ようやっとの日本公開となりましたが、さすがに待った甲斐あって、大女優グレンが決してチカラ技ではない、内側に広がっていく多彩な演技で観客に様々な想いをかき立たせてくれます。

舞台は19世紀のアイルランド、ダブリン。当地に飢饉と疫病が蔓延したこの時代、多くの若者がアイルランドを脱出し、アメリカへと渡りました(『ギャング・オブ・ニューヨーク』でアイルランド出身者が一大ギャングを築き上げる時代と一致しています)。またリンカーン大統領が南北戦争を指揮していた時代でもあり、イギリスでは産業革命真っ只中、さらには日本では黒船来航とともに幕末期へと突入するまさに「八重の桜」の時代と重なります。そういう世界の状況と併せて見るとまた面白いかもしれません。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/01/05

【決定】今年のベスト

【1月5日】

決定しました。2012年劇場公開作の中から選んだマイ・フェイバリット15作品。

01、キツツキと雨
02、ぼくたちのムッシュ・ラザール
03、007 スカイフォール
04、ダークナイト・ライジング
05、裏切りのサーカス
06、アルゴ
07、桐島、部活やめるってよ
08、ウェイバック 脱出6500km
09、ヒミズ
10、世界最古の洞窟壁画3D
11、レ・ミゼラブル
12、愛について、ある土曜日の面会室
13、聴こえてる、ふりをしただけ
14、るろうに剣心
15、わたしたちの宣戦布告

【12月31日】

12月31日に母方の祖母が亡くなり、急遽長崎へ帰省しております。ベスト選出は18作品まで絞り込んだ段階で一時休止とさせて頂きます。

*****

【12月30日】

本年は暮れに差し掛かって急激にブログの更新頻度が落ちてしまい失礼しました。ですが、ベスト選出は毎年の恒例行事なので今年もやりますよ!

今年の日本劇場公開作の中から気に入らないものを次々と蹴落としていくというこの儀式は言わば脳内バトルロワイヤル。我流の年越しであり、牛津なりの映画への敬意の払い方でもあります。その場その場で瞬時に決着をつけていくので、いったいどんな結果になるのか皆目見当がつきません。その結果、自分にとっての2012年が成分的に浮かび上がるようなランキングになればと期待しています。

Battleroyal_2 
2005200620072008200920102011

場外

ミッシングID、ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬、デビルズ・ダブル ある影武者の物語、ペントハウス、ディヴァイド、キリング・ショット、劇場版SPEC 天、KOTOKO、Don't Stop、ボーン・レガシー、宇宙兄弟、ランゴ、ヤング=アダルト、ドラゴン・タトゥーの女、バッド・ティーチャー、ブラック・ブレッド、アメイジング・スパイダーマン、危険なメソッド、のぼうの城、チキンとプラム、ドリームハウス、ハンガー・ゲーム、エージェント・マロリー、アイアン・スカイ、I'm Flash、ぱいかじ南海作戦、少年は残酷な弓を射る、ダーク・シャドウ、捜査官X、ロボジー、フライトナイト 恐怖の夜、プレイ獲物、くそガキの告白、アウトレイジ ビヨンド、ホビット思いがけない冒険、ルビー・スパークス、ウーマン・イン・ブラック、砂漠でサーモンフィッシング、もうひとりのシェイクスピア、J.エドガー、TIME タイム、少年と自転車、テイク・シェルター、Pinaピナ・バウシュ踊り続けるいのち、ヒューゴの不思議な発明、スーパー・チューズデー、ポテチ、マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙、シャーロック・ホームズ シャドウゲーム、ものすごくうるさくてありえないほど近い、戦火の馬、マリリン7日間の恋、The Ladyアウンサン・スーチー、私が生きる肌、幸せへのキセキ、愛と誠、ミステリーズ 運命のリスボン、アベンジャーズ、The Grey、夢売るふたり、ザ・レイド、ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋、Virginia、アタック・ザ・ブロック、ドライヴ、汽車はふたたび故郷へ、NINIFUNI、トロール・ハンター、ヘルプ 心がつなぐストーリー、アーティスト、SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者、恋のロンドン狂騒曲、WinWin、孤島の王、ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン、シェフ!、ジェーン・エア、最強のふたり、これは映画ではない、SHAME、眠れぬ夜の仕事図鑑、ザ・マペッツ、ミッドナイト・イン・パリ、

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »